厚い革独特の風合い

カテゴリー: Leather:革入荷情報


余談ですが、私は防災グッズが大好きでキャンプ用品と合わせて必要を感じたら少しずつそろえるようにしています。

今年は新型コロナの影響もあってキャンプに行けませんでしたが、以前は夏休みに長野市の飯綱高原キャンプ場にて、1週間近くテントを張ってテント生活をしていました。

そんなこともあって、キャンプ用品はかなり充実してきていますし、それと合わせて防災グッズも充実してきています。

キャンプ用品は、いざという時に活用できますし、なにより軽くて丈夫にできているのが魅力です。

中にはダッチオーブンのようにとてつもなく重いものもありますけど。

ここ最近は、いざという時の照明器具とバッテリーを充実させています。

ダイソーには、USBにつないで使える電球型のLEDランプがありまして、100円なのにこれが思いのほか便利で、

きっと誰もがひとつくらいは持っているであろうモバイルバッテリーにつなげば、相当長いこと部屋の照明として使うことができます。

あとは、やはり照明関係ですが、LEDランタンがあったとしても、部屋の床に置いたのではあまり明るさが十分ではなく、

できれば天井などにぶら下げて使いたいもので、そのために私が購入したのが、照明のダクトレールに取り付けられるフックです。

至って簡単な構造で、単なるフックに過ぎませんが、いざという時にはこれがきっと役に立ってくれるのだろうと思っています。

それと、LEDランタンと別に懐中電灯を用意しておいた方が良いですね。

その周りを広く照らす照明と、ひとつの方向を照らす照明は、まったく別のものですから。


さて、今日は以前にご紹介したことのあるELBAMATTの厚口の革を改めてご紹介したいと思います。



こちらが、Tempesti社のELBAMATTのSIENAという色の革です。

ELBAMATTは、もう数年前から何色も扱っていまして、皆さまにもおなじみの革だと思います。

そして、このSIENAも一昨年だったと思いますが数枚入荷しまして、最近になって急に人気が出てきました。

そんなELBAMATTですが、今回ご紹介するのは通常の仕様のものよりも少し厚いバージョンです。



厚さが若干場所によって異なりますが、2.2mmという仕様のものです。

これまで私たちが扱ってきたものはこんな感じで、こちらは色違いのものですが厚さが1.6mmです。



1.6mmと2.2mmって、大した違いではないような感じもしなくもないですが、実際に比べてみるとかなり違います。

どんなところが違うのかと言いますと、まず靴になった時に履いて歩いた印象が全く違います。

革が厚くてしっかりとしているという感覚がはっきりと伝わってきます。

さらに、これです。



靴は履いて歩けば少なからずシワが入りますが、そのシワの雰囲気が全く異なります。

皆さんあまり気づいていないかもしれませんが、革はこのシワの入り方で印象がかなり異なります。

あまりにも薄い革の場合は、パッと見てぺらぺらした印象を受けると思いますし、薄くてもキメの細かい革であれば、その雰囲気もしっかりと伝わってきます。

今回ご紹介している厚口のELBAMATTは、1.6mmのものと比べておおらかでゆとりのある雰囲気を感じ取ることができるように思います。

決して1.6mmのほうがダメということではなく、こちらの厚口は厚い革特有のおおらかさを感じることができるということです。

ELBAMATTで使っている生地は、これくらいの厚さなら結構余裕がありまして、裏側は厚口でもボソボソになるということはありません。

靴は永く履きたいという方、さらには靴はしっかりしているものがいいという方には、特におすすめの革です。

今のところ、厚口のELBAMATTはこのSIENAのほかにネイビーとダークグリーンがあります。

どちらも入荷は1枚ずつで、既に残りが少なくなっている色もありますので、ご興味がある方がお気軽にお問い合わせください。

工房にお越しいただければ、実際に革をご覧いただくこともできます。

もし、この革が売れ残ったら、こっそりと私用の試し履き用靴を作ります。

私なら、やっぱりチャッカブーツかなぁ、ギブソンブーツもいいですね。

厚い革は、プレーントゥがお勧めです。



また、先日も、YouTubeをアップしました。

靴作りに興味をお持ちの方、ぜひご覧ください。

お知らせ

【お知らせ 1 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

只今、期間+足数限定企画商品「ウォーキン’チャッカ」のご注文を受け付け中です。

新型コロナの影響で在宅勤務になって、最近運動不足だと感じている方、ハンドソーンウェルテッドの靴は履きやすいけど、もっとガシガシと履き倒せる靴が欲しいと思っている方、

そんな方にお勧めの道具のように使い倒せる靴です。

発売期間は、9月末日まで

詳細は、こちらをご参照ください。

標準仕様の革は、ネイビーが人気で残りが少なくなってきています。 




【お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 









   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ