シュリンクの革はとっても実用的

カテゴリー: Leather:革入荷情報


今日は1月17日。

25年前の今日の早朝に、阪神淡路大震災が発生しました。

当時、私はまだ神戸やその周辺を訪れたことはなく、馴染みもありませんでしたが、

テレビのニュースを観て、ただ事ではないと驚いたことを覚えています。

その後、靴の仕事のに携わるようになって初めて神戸を訪れましたが、その当時はまだ震災から4~5年だったこともあって、

靴の街として知られる長田は空き地だらけでした。

さらにその数年後、私は独立してから三宮のSUNさんとのお付き合いが始まり、度々神戸を訪れるようになって、

もうそのころには神戸の街はすっかり活気を取り戻していて、そんなに大きな震災があったような様子はみじんも感じなくなっていましたが、

でも年末に開催されるルミナリエはどことなく寂しさを実感します。

川嶋あいさんが歌った「しあわせ運べるように」の動画がYouTubeで上がっていて、

この曲を聴きながら、高速道路が倒れてしまっている写真や、街がもうめちゃくちゃになってしまっている写真を見ると、

当時の気持ちを思い出してもうどうしようもなく悲しくなってしまいます。

また、オリックスの選手たちが「がんばろう神戸」というワッペンをユニフォームにつけていたこともはっきりと覚えています。

たしか、今から10年くらい前に、佐藤江梨子さんと森山未來さんが出演した「その街のこども」というドラマを観た記憶があります。

ちょうどSUNさんの仕事が忙しくなってきたころで、いつものちょっとオシャレな神戸とは違う一面を見たような気がしました。

25年経って、神戸はとっても元気になっているように思います。

25年前に大変な震災があったこと、多くの方々が大変な思いをされたことを忘れずにいたいと思います。

また3月に神戸を訪れる予定なので、ステキな神戸を堪能したいと思います。


さて、今日はシュリンクの革についてお伝えしたいと思います。

以前から、私はシュリンクや型押しの革をお勧めしていまして、特にこのオイルを含んだシュリンクの革は、実際にその靴を履いてみたいとわからないのかもしれませんが、ぜひ皆さんに興味を持っていただきたい素材です。



Conceria800社のVacchetta800という革です。

質感としては、ヌメ革にオイルをたっぷりと含ませたシュリンクで、革自体は結構しっかりとしているものなのですが、

オイルをたくさん含んでいることで革が柔らかくなり、履いた感覚としてはあたりが柔らかく非常にしなやかです。

また、シュリンクの革は初めからシボが入っているので、変にシワが目立つこともなくキレイな状態で履くことができます。

さらに、シュリンクの革とメリットとして、ちょっとしたキズが目立ちにくいということもあります。

しっかりしているのに当たりが柔らかく、いつまでもキレイでキズも目立たないなんて、なんかいいとこ取りですよね。

結構食わず嫌いをされる方が多いのが残念なところなのですが、これはぜひ一度履いてみていただきたいと思っています。

特に、こんなシュリンクの革で作ったギブソンブーツやチャッカブーツは、ハンドソーンウェルテッドの1足目として履いていただきたいところです。



おそらく好き嫌いはあるかもしれませんが、ちょっと個性的な靴として1足あっても良いのではと思います。

ちなみに、シュリンクの革はちょっと膨れているために、厚さはちょっとだけ厚くなっているようです。



イマイチわかりにくいですが。


お知らせ

【お知らせ 1 】

3月1日(日)に、神戸のSUNさんにお伺いする予定です。

SUN仕様のサイドゴアブーツのオーダー受付が始まりましたが、ご自分のサイズがわからないという方のために足の計測をさせていただきます。

併せて、ハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のご注文も承ります。

【お知らせ 2 】

3月6日(金)と7日(土)に、長野市のIVY PRODUCTSさんにお伺いする予定です。

イベントの詳細は後日お知らせいたします。

【お知らせ 3 】

旅行用チャッカブーツ「旅チャッカ(仮)」のご注文を受け付けております。

今年の革は、黒のスムース革です。

価格は、税別で74,000円。

数日間の旅行や出張の際に続けて履くことができます。

今年の製作予定数は10足、ご注文は2月末日までとさせていただきます。

お早めにご注文ください。

詳細は、1月14日のブログをご覧ください。

本日の時点で、ご注文いただける足数があと8足となっております。



【お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。





 



 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ