Tさんのオックスフォード

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


その前に、全くの余談なのですが、つい先日ウチの家内のクルマのオイル交換をしようと思いまして、工房から必要な工具を持って行って自宅前で作業を始めたのですが、

ソケットレンチとラチェットの差込角が合わなくて(ソケットレンチの方を間違えまして)、また取りに行くのも面倒なのでメガネレンチを使ってドレンボルトを開けようとしたら固くて回らず、

クルマの下の狭いところでそんな力も出ずに頑張っていたのですが、運悪くドレンボルトの頭をなめてしまい、ただそれほど深刻な状況ではなかったので無理をしないことにして一度中断しました。

そして今日仕事の後に、今度はもっと強力な工具を持ってオイル交換に臨みました。

ラチェットよりももっと力が入るスピンナハンドルという工具をソケットレンチにつけてドレンボルトを回そうとしたのですが、前回ドレンボルトの頭を少々なめてしまったためにソケットレンチがうまく入りません。

このままだとオイル交換ができないので、考えた結果、力わざでソケットレンチをハンマーで叩き込み、

エイヤッ!

と力を込めて回したところ、やっとの思いでドレンボルトを回す事が出来ました。

ちょっとでも回ってくれればあとは手の力だけで楽に回るので、スピンナハンドルを外してソケットレンチとともにドレンボルトを外しました。

ウチの家内のクルマはスズキのスイフトというモデルなのですが、スズキのクルマのドレンボルトは14㎜でちょっと弱々しいんですよね。

何かもっと丈夫なドレンボルトがないかと探していた時に、ちょうど運よくホームセンターに頭だけ17㎜のスズキ用のドレンボルトがあったため、それを買ってきてあったので、今回はそのちょっとだけ頭が大きくなったドレンボルトを取り付けて、オイルを入れてオイル交換は無事に終了しました。

ただ、ひとつだけ問題が発生しまして、

ドレンボルト

こんな状態で、ドレンボルトに力わざでハンマーでひっぱたいて叩きこんだソケットレンチが抜けなくなりました。

これは、やり方はいくらでもありそうなので、時間のある時に楽しみながら外してみたいと思います。

私は、このような問題をどうやったら解決するのかをじっくり考えるのがとても好きで、今からとってもワクワクします。

とってもスマートに解決できると、数学の問題が解けた時みたいに嬉しいですよね。

すみません、どうでもいい余談が長くなってしまいました。


今日、Tさんが新たな靴のご注文のためにお越しくださいました。

その靴のことは、また完成したときにお伝えするとして、今回はTさんが履いてきてくださったオックスフォードのことをお伝えしたいと思います。

オックスフォード

こちらのオックスフォードは、昨年の秋にご注文いただいたもので、今年の春に完成しました。

完成してからおうちの中で履いて慣らしていらっしゃったそうで、今日初めて外で履くのだそうです。

じつはこのオックスフォード、Tさんのこだわりがたくさん詰まっているのです。

特にTさんがおっしゃっていたのが、キャップの位置です。

以前にあるお客様のオックスフォードが完成して写真を載せた時に、Tさんがご覧になってそのバランスを大変気に入ったとということがありました。

おそらく、普通に見たら何が違うのか全く分からない程度のことかもしれませんが、こだわりがある方と作り手である私にはわかるのです。

このオックスフォードのキャップも同じようにしてありまして、標準的な仕様よりも1.5㎜ほどキャップの端が小さくなっています。

このバランスはパッと見た時にとっても自然で、なおかつ屈曲のシワが入る部分が1.5㎜ほど広くなったことでシワが自然に入るようになり、機能面でも良い点がありました。

これは、まさに機能美というヤツですね。

そのほかにも、つま先がシャープに見えるように叩いて叩いてラインを出して、靴の雰囲気が変わりました。

Tさんは、

「私は細かいので・・・。」

とおっしゃっていましたが、作り手の私にとって作業量で済むことは全然苦ではありません。

むしろ、そういうこだわりをお伝えいただいて、少しでもご希望に沿ったものができる事が作り手にすればとっても嬉しいのです。

普段やらないような、例えばスキンステッチとかカカトのハギがないようなデザインとは違って、Tさんのご依頼はどれもすんなり受けることができる事ばかりで、私も毎回楽しみです。

次の靴は、またTさんのこだわりが詰まったものになっています。

こちらは、完成したときにご覧いただきますので、ぜひお楽しみにお待ちください。

お知らせ

★雨の日にも気兼ねなく履ける靴のご注文を受け付けています。

 

 詳細は、6月6日の記事をご覧ください。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 

 








   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑トップへ