カカトの仕様とラストの関係

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


今日は、仕事を終えて工房から帰ってくる途中で、どこからともなくキンモクセイの匂いがしました。

今年の夏は暑いって言っていたのに、もうそんな季節になったのですね。

キンモクセイと言えば、私はきのこ帝国の「金木犀の夜」という曲を思い出します。

2年くらい前の曲ですが、なんとなく秋を感じる曲で、いまだに時々聴きたくなります。

さて、今日はカカトの仕様とラストの関係についてのお話です。

靴に詳しい方ならご存知かもしれませんね。



これは、シングルヒールという仕様です。

特徴は、ウェルトとソールを縫っているステッチがカカトの周りになく、カカトがやや小さくなっています。

カカトが小さいので、シュッとして見えます。

それに対して・・・、



こちらは、ダブルヒールという仕様になります。

こちらが私たちシューリパブリックの標準的な仕様で、ウェルトをぐるりと一周させており、ウェルトとソールを縫っているステッチがカカトの周りにもあります。

シングルヒールに比べてカカトの大きさが少し大きくなりますので、見方によってはやや野暮ったいとかカジュアルっぽいというように見られることもあります。

シングルヒールがカカト周りを釘でとめているのに対し、ダブルヒールはインソールにウェルトを縫い付け、さらにウェルトとソールを縫っているので、

しっかり感においてダブルヒールのほうが勝っており、さらに構造の関係で衝撃吸収などの機能面でもダブルのほうが勝っています。

でも、ほんのちょっとだけですけど。

シングルもダブルも、それぞれにメリットとデメリットがありまして、それぞれ目的に合わせた仕様を選んでいただくのが良いのですが、

その前にひとつ気を付けていただきたいことがあります。

それは、ラストとヒールの仕様の関係です。

シングルヒール仕様にするには、製作上の都合でラストの底面に鉄板が打ってあるある必要があります。



こんなかんじです。

これは、私たちシューリパブリックの場合、ラストのモデルによって鉄板の有り無しが決まります。

打ってあるのは、現行のものでは「SRD」と「SRF」、それと女性用の「SRLA」で、そのほかの「SRC」と「SRE」と今は新規のご注文を受けていない「MRT」には鉄板はありません。

というのも、「SRD」と「SRF」はビジネス用の靴を作ることを想定しているラストなであるため、あらかじめ鉄板が打ってあります。

それなら、初めから全部に鉄板を打っておけば良いのではと思われるかもしれませんが、

カカト周りのラスティングのことを考えると、鉄板がないほうが仮どめのクギを打ちやすいというメリットがあるため、

作業性を考えると鉄板がないほうが好ましいのです。

そんな仕様になっていますので、お客様の中で鉄板の無いラストをお持ちの方は、ダブルヒールとなりますのでご了承ください。

また、これからご注文を考えていらっしゃる方は、鉄板のことも参考にラストをご検討ください。

お知らせ

【お知らせ 1 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 







   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ