ラストの調整

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


以前から何度か書いていることですが、オーダーメイド靴を作るにあたって、ラスト(木型)はとても重要な役割を果たしています。

ただし、ラストだけ良ければ良い靴ができるというわけではなく、パターン、ラスティング、見えない部分の素材、製法など、良い靴になるために必要な条件はたくさんありますが、

でもラストがダメだとそれだけで靴がダメになってしまうほど、ラストは重要なものです。

良いラストであるためには、その靴を履く人の足に対して最適なホールドができることが必要です。

仮に足を3Dスキャナーでデータ取りした場合、そのデータそのままでは緩すぎる靴になってしまうため、正しい理論で適切に締めてあげることが必要になります。

石膏や何かの器具を使って足のデータを採った時も同様で、要は足のデータはどんな方法でとっても良いので、そのデータから正しい締め具合を求めるか、つまりその変換の理論が大切ということになります。

 

私たちシューリパブリックでは、スクライバーという足の輪郭をとる器具とメジャーを使ってデータを採り、これにその方の好みや足の状態などを見て判断した修正を加えてラストのデータとしています。

お越しいただいてオーダーされたことのあるお客様は、だいたいイメージしていただけることでしょう。

どれはどんなフィッティングかと言いますと、甲とカカトをしっかりと締めて、それでいて指先はある程度自由に動かせるというものです。

このフィッティングは、靴を履いて歩いた時にしっかりと足を機能させることができ、さらに靴を履いた時に足のストレスがとても少ないフィッティングです。

ただし、ハンドソーンウェルテッドの靴は履き始めてしばらくの打ちはインソールが沈んだりボトムむフィラーのコルクが潰れたりしますので、

それらの一連の変化が落ち着いたころに快適に履いていただけることを狙っています。

このフィッティングは、いつもお伝えしていますとおり作り手の考え方によって全く異なるものですので、靴をオーダーされるときにはしっかりとその作り手の考え方を確認してからが良いでしょう。

 

ラスト調整

私たちシューリパブリックの場合、そのお客様専用のラストをりますので肉付けすることはもちろん、必要であればガツガツ削ります。

それも、手作業でチマチマやっていると時間ばかりかかってしまうので、こんなふうにガッツリ削るときにはグラインダーを使います。

これ、とっても作業が早くて効率良いです。

ラスト調整

このお客様は、前回よりも少しだけ足囲の数値が大きくなっていましたので、新たに肉付けをしました。

削るときには、必要な部分を削ってしまえばよいのですが、

肉付けをする場合、ラストの内側につけるか外側につけるか迷うことがります。

一見、どちらにつけても良いように思いますよね、ただセンターがズレるだけですから。

でも、じつは足のセンターは結構大切なので、なるべくセンターを動かさないようにして肉付けをするのが良いようです。

このお客様は、内側にも外側にも肉付けをしましてありますが、写真ではわかりにくいけれど外側には2枚の革を重ねて貼ってあります。

また、「当たる」と注意書きをしてある部分は、ただ単に肉付けをして逃がしてあげるのではなく、全体のバランスを見て結果的に歩いた時に足が痛くないように調整してあげることが必要です。

まれに、当たるからと言ってどんどん肉付けしても、足がどんどんそちらに流れてしまって、何の解決にもならないというケースもあります。

ほかの部分でしっかりとホールドし、当たって痛いと感じる部分が当たらないように調整します。

あとは、このお客様の場合は問題ないのですが、足の厚みがとても薄い方の場合、折れジワが当たって痛くなってしまうケースがありますので、その場合はちょっと特殊な方法で回避したり、

甲の形状によってカカトの高さを微調整するなど、本当に細かい部分の調整がたくさんあります。

 

パン屋さんにそれぞれの味があるように、靴屋にもそれぞれの履き心地があります。

ぜひ、シューリパブリックの靴の履き心地を楽しんでいただきたいと思います。

 

お知らせ

15周年企画ギブソンブーツ

①シューリパブリック15周年記念モデル第1弾及び第2弾ともに引き続きオーダー受付中です。詳しくはこちらをご参照ください。

 

 

Rifare大阪堀江店さんにて恒例のイベントを開催いたします。日時は、7月21日(土)、11時~20時です。足の計測や、ハンドソーンウェルテッド靴のオーダーを承ります。大阪近郊にお住いの方、ぜひお越しください。

 

Rifare名古屋栄店さんにて恒例のイベントを開催いたします。日時は、7月22日(日)、11時~20時です。足の計測や、ハンドソーンウェルテッド靴のオーダーを承ります。名古屋市近郊にお住いの方、ぜひお越しください。

 

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ