散歩に行って思ったこと

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


今日は水曜日なので、私たちシューリパブリックの工房はお休みです。

今日は、午後からちょっとだけクルマで散歩(と言って良いのか)に出かけました。

ここ最近は、新型コロナのこともあってなかなか出かける機会がなくなってしまい、出かけるとすれば食料品を買いに行くとか、日用品をホームセンターに買いに行く程度で、

以前のように楽しい外出が激減しているように思います。

それは、私だけではなくみんなに言えること。

仕方ないのですが。

そんなこともありつつ、市内のカスリーン公園という、利根川の土手にある公園に行ってきました。



以前に何度か来ていまして、その時にこのブログでご紹介しているので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、改めてここはどんなところかというと、

昭和22年にカスリーン台風という大きな台風が来た時に、このあたりで利根川の堤防が決壊し、大量の水が流れ出して大きな被害が発生したその堤防が切れた場所なのです。

いまは、記念碑が建てられていまして、その時の様子を知ることができます。

そのほかには何もないところなのですが、見晴らしがよいので時々散歩で来ています。

今日はとっても風が強く、こんな場所なので普通に立っていることが大変でしたが、空はとってもキレイでした。



しばらく遠くの方を眺めて、また空を見上げたら空はこんな感じでした。



ちょっと神々しいです。

ほんのちょっと時間が経っただけなのに、雲の形が変わっていてちょっとカッコウ良くなっていました。

この場所からこの雲を見ることができたのは、もしかしたら私を含めたほんのわずかな人だけかもしれませんし、

この雲がステキだなぁって思えて、私はとっても幸せだったのかもしれません。

今は、新型コロナのことがあって思うように旅行をしたり食事に出かけたり、友人たちと楽しんだりすることが難しい時なのでじっと我慢をしなくてはいけませんが、

これが落ち着いたらまた以前のように、もしくは新しい時代に沿った方法で旅行をしたり食事をしたり友人に会ったりしたいものです。

話がちょっと外れてしまいますが、私は中学1年生の娘によく話すことがあります。

それは・・・、

今中学1年生で感じられることはとっても貴重で、これが2年生になったら心が少し成長して感じ方が今と違っているかもしれないから、今感じる気持ちで感じられなくなってしまうかもしれないということです。

無邪気な子供が感じらることを、大人になったら感じられなくなってしまうように、1年の差が、もしくは1か月の差が感じ方を変えてしまうかもしれないので、

今感じられることを大切にしようと伝えました。

それは、私たち大人にも同じことが言えます。

新型コロナを経験したことが影響するか否かはわかりませんが、今だから感じられることを、来年には感じられなくなってしまうかもしれませんし、

何かを経験することで感じ方が変わってしまうかもしれません。

だから、やりたいことはできるだけ早くやっておくべきですし、せっかくなので今日はこうして空を見て感じられることを受け止めておきたいと思いました。



遠くには、筑波山も見えました。

私も、今のうちに経験しておきたいと思って、できるだけ早く一眼レフのカメラで写真を撮り、スポーツバイクに乗って自転車を楽しみ、キャンプをして家族とアウトドアの時間を共有し、そのほかにもいろいろなことをできるだけ早くやってみました。

そして実感したのは、何でもできるだけ早く経験して、いろいろな感覚をしっかりと感じておくべきだということです。

足に合ったオーダーメイドの靴も然り。

靴屋の私が言うと単なる宣伝のように聞こえるかもしれませんが、でも私が感じるところでは、足に合った靴を若いうちに経験しておくことで、ちゃんと足を機能させて歩くことの心地よさや大切さを早いうちに実感できるわけで、

それは大げさかもしれませんが、日々生きていく中での充実やうれしさにつながるのだろうって思っています。

単なる靴ですが、身体を支えるものとして見ると、それほど大切なのです。

お知らせ

【お知らせ 1 】

只今ご注文を受け付けております私たちシューリパブリックの企画商品のサイクルシリーズですが、

受付期間を半月ほど延長させていただきまして、ご注文いただけるのは3月15日までとさせていただきます。



自転車に乗ってペダルを漕ぎやすく、なおかつお仕事の服装に合わせやすいデザインです。

デザインは、写真のチャッカブーツのほかに、モンキーシューズ、ギブソンシューズの3種類をご用意しています。

また、お選びいただける革はスウェードが5色、シュリンクが5色の計10色で、キズが付きにくい革を選んでおります。

こちらの靴は、お客様の足に合わせたオーダーメイドとなります。

マッケイ製法ながら厚いインソールを使用し、履き心地もフィッティングも追求した道具のように履ける靴です。

価格は、ラストは別で79,200円(72,000円+税)です。

ブログでご紹介記事を書いておりますので、ぜひご覧ください。

【お知らせ 2 】

企画商品の「旅チャッカ」の受付は2月末日までです。



※写真はあくまでもイメージです。

この企画は、出張や旅行などで出かけられる際に、通常でしたらスペアの靴を持って行かなくてはいけないところを、インソールを交換することでこの1足で乗り切れるという仕様の靴です。

出張や旅行など、泊りでお出かけの多い方にお勧めの靴です。

製法は、ブラックラピド製法にて製作いたします。

革は、こちらで指定した黒の革のみです。

価格は、ラストは別で 81,400円(本体価格74,000円+税)です。

より道具のように履いていただける靴です。

ぜひ、ご検討ください。

ご注文期間及び数量限定です。

期間は2月末日まで、受注予定数は2月17日現在であと3足です。

詳細は、12月17日のブログをご参照ください。

また、YouTubeの紹介動画もご活用ください。



【お知らせ 3 】

昨年2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、2020年1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 4 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 5 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 










   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ