企画商品のサイクルシリーズの受注を開始

カテゴリー: News:お知らせ,Message:伝えたいこと


以前からちょっとずつお伝えしておりました、私たちシューリパブリックの新しい企画商品である「サイクルシリーズ」の受注を開始します。

まずは、どんな靴かということですが、こんな感じです。



このシリーズは、写真のモンキーシューズのほかに、チャッカブーツ(現在サンプルの製作中)と、



もうひとつギブソンシューズの3デザインとさせていただきます。

商品の特徴は、ここ最近新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、自転車で通勤をする方が増えていると聞いていますが、

そんなときに革靴だとちょっと自転車に乗りにくかったりして、しかしながらスニーカーだとオフィスでの服に合わなかったりすることもありまして、

そんなことを考えて、スーツやジャケットに合わせやすく、お客様にお会いしても失礼にならない、そして自転車にも乗りやすいという仕様の靴です。

私も、サンプルの靴を履いて撮影してみました。



私が普段通勤で使っている自転車に乗ってみたところです。



革靴だとちょっと滑るような感じがしたり、やや乗りにくく感じることがありますが、このサイクルモンキーでは革靴に比べてそれらの問題点が大きく改善されています。

「サイクル」と名の付くモデルのなので、当然ながら自転車に乗ることを目的とした仕様にしています。

では、どんな仕様なのかということですが、まずソールが通常の革靴に比べてコロコロしておらず、かなり平らなのでペダルを踏みやすいです。

また、土踏まずの辺りから後ろの剛性を上げていて、ペダルを踏んだ時の力が逃げにくくなっています。

インソールは、やや厚めのヌメ革を使用し、立体的な構造になっていますので足をしっかりとホールドします。

そして、今回使用する革ですが、細かいことはのちほどご案内するとしまして、キズが付きにくい、もしくキズがついても目立ちにくいスウェードとシュリンクをそれぞれ数色ずつ用意しました。

さらに、コバの張り出しを控えめにしてありますので、クランクに当たってしまうような心配もありません。

じつは、この仕様は自転車に乗るときにも非常に良いのですが、クルマの運転にもとっても適しています。

クラッチを踏んだり、ヒールアンドトゥをする場合でも、コバが張り出していないというのは非常に都合が良いです。

この靴の製法は、マッケイ製法です。

だし縫いをかけないで作るということが前提にありましたので、マッケイを選びました。

ソールはいつもと同じダイナイトですが、ハンドソーンウェルテッドの靴に比べるとソールがコロコロしていません。

お選びいただける革ですが、スウェードが5色、そしてシュリンクが5色です。

今日はシュリンクの5色をご案内させていただきます。



こちらがワイン。



こちらが赤茶です。



そして、黒とネイビー。

ほとんど差がないのですが、よく見れば違いがわかります。



そしてブラウン。

この5色です。

それぞれ2足分ずつとなります。

スウェードは、また後日ご紹介させていただきます。

靴の価格は、79,200円(本体価格72,000+税)です。

この靴もお客様の足に合わせたオーダーメイドで製作させていただきますので、ラストをお持ちでない方は、靴のほかにラストの費用28,600円(本体価格26,000円+税)を頂戴いたします。

ご注文をお受けする期間は、今のところ3月15日2月末までを予定していますが、緊急事態宣言が延長されそうな気配もあるので、様子を見て対応させていただきます。

ただ、材料の関係もありましてご注文いただける既定数を考えていますので、その足数に達しましたら終了とさせていただきます。

オーダーしたいけれど、すぐにオーダーにいらっしゃることが難しいというお客様は、その旨ご連絡ください。

すぐに製作に取り掛かるわけではないので、まずは製作枠を確保させていただき、製作開始までに計測にお越しいただくようなスケジュールを組ませていただきます。

ご不明な点がございましたら、その旨お問い合わせください。

今日はちょっとバタバタしながら三脚を立てて写真を撮りましたが、後日またもうちょっと格好良く写真を撮ってみたいと思っています。

お知らせ

【お知らせ 1 】

企画商品の「旅チャッカ」の受付が始まりました。



※写真はあくまでもイメージです。

この企画は、出張や旅行などで出かけられる際に、通常でしたらスペアの靴を持って行かなくてはいけないところを、インソールを交換することでこの1足で乗り切れるという仕様の靴です。

出張や旅行など、泊りでお出かけの多い方にお勧めの靴です。

製法は、ブラックラピド製法にて製作いたします。

革は、こちらで指定した黒の革のみです。

価格は、ラストは別で 74,000円(税別)です。

より道具のように履いていただける靴です。

ぜひ、ご検討ください。

ご注文期間及び数量限定です。

期間は2月末日まで、受注予定数は1月31日現在であと4足です。

詳細は、12月17日のブログをご参照ください。

また、YouTubeの紹介動画もご活用ください。



【お知らせ 2 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、2020年1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 3 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 

 

 

 














   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ