常識は時代とともに変わることも

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


かつて履きやすい靴と言うと、軽くて柔らかいものというのが疑いもない常識だったことがありました。

いや、もしかしたら今でも軽いことや柔らかいことは、ある条件の方にとっては履きやすい靴であるかもしれません。

しかしながら、昔は当たり前だったことが時代とともに全く変わってしまうことだってあります。

私たちシューリパブリックが考える履きやすい靴とは、そこそこに硬くてそこそこに重い靴です。

なぜ?軽いほうが歩きやすいじゃないの?

柔らかいほうが履いていて快適じゃないの?

そんな声が聞こえてきそうですが、

私たちが考える理屈では、

たしかに、靴が柔らかければ外からの衝撃をしっかりと吸収してくれて、足は快適に過ごすことができますが、

私がいつもお伝えしているように、私たちの身体は環境に適応する力がありまして、

硬い靴を履いていれば、初めは大変かもしれませんが、少しずつ足が鍛えられて自ずと衝撃を吸収できるくらいに成長します。

そうなれば、硬い靴を履いていても全然問題ナシ。

おまけに硬い靴なら歩くときに力が逃げてしまうことも少なく抑えられますので、足が十分に機能してしっかりと蹴りだして歩いて身体の調子も良くなるはずです。

これは、足にしっかりとフィットする靴だからできること。

例えるなら、1キロほど離れたスーパーに毎日買い物に行かなくてはならない人が、常にクルマで行っていると楽だけど身体はなまってきてしまいますが、

でも、ちょっと頑張って歩くとか自転車などで行けば、初めはちょっと大変ですが身体が鍛えられて良い状態を保つようなものです。


靴の話に戻りますが、これが高齢の方で歩くのが大変ということなら、身体に負担をかけないように柔らかくて軽い靴をお勧めしますが、

普通に歩けて元気な方なら、硬い靴を履いてたくさん歩いていただいたほうが今後のことを考えてもはるかに良いはずです。

ちなみに、重いとか軽いという件は、質量も耐衝撃を考えると非常に重要な要素ですので、軽すぎるものよりもある程度重さがあったほうが足に対する衝撃が少なくなると考えます。

極端なケースは別として、しっかりとした厚みのある革のインソールで、しっかりとしたソールの靴となると、必然的に重さが重くなりがちです。

日々そのような靴を履いていただいて、知らないうちに足を鍛えて、足から身体全体を良い状態に保っていただけることを望んでいます。

そんなわけで、日常においてはある程度の重さがあってある程度の硬さがある靴を履いていただくことをお勧めしています。



お知らせ

【お知らせ 1 】

3月1日(日)に、神戸のSUNさんにお伺いする予定です。

SUN仕様のサイドゴアブーツのオーダー受付が始まりましたが、ご自分のサイズがわからないという方のために足の計測をさせていただきます。

併せて、ハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のご注文も承ります。

【お知らせ 2 】

3月6日(金)と7日(土)に、長野市のIVY PRODUCTSさんにお伺いする予定です。

イベントの詳細は後日お知らせいたします。

【お知らせ 3 】

旅行用チャッカブーツ「旅チャッカ(仮)」のご注文を受け付けております。

今年の革は、黒のスムース革です。

価格は、税別で74,000円。

数日間の旅行や出張の際に続けて履くことができます。

今年の製作予定数は10足、ご注文は2月末日までとさせていただきます。

お早めにご注文ください。

詳細は、1月14日のブログをご覧ください。

本日の時点で、ご注文いただける足数があと7足となっております。

(ご予約ありがとうございます。)



【お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。




   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ