履き込んで育てる

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


余談ですが、最近私は何かを買うか否かで迷う時に、その判断基準としてそれを買ったら幸せになるかどうかということにしています。

昔、私たちが若いころには、そのモノが欲しいから買うといのが当たり前でした。

そのジャケットがほしいから、そのカメラがほしいから、その自転車がほしいからといった具合に。

でも、今は違っていて、そのジャケットを着てこんなところに行きたいからほしいとか、

そのカメラをもってこんなところに行って写真を撮りたいからほしいとか、

その自転車に乗ってこんなところに行きたい、こんなことをしたいからほしいという感じです。

そんな考え方の変化は、世の中の変化にシンクロしているようで、世の中が以前よりも成熟したのだろうと思います。

先日購入したホットサンドトースターも、朝食に家族でホットサンドを食べながらおしゃべりができたらいいなぁって思って購入しました。

ホットサンドトースターそのものの造形に興味があったわけではなく、ホットサンドが食べたかったわけでもなく、

目的はホットサンドトースターを手段として得られる、家族と過ごす時間でした。

やっぱりそういうものの買い方、お金の使い方って良いと思いますし、今の時代に合っていると思います。

ちなみに、私たちシューリパブリックのオーダーメイド靴も、似たようなところがあります。

靴そのものに魅力を感じてくださるお客様もいらっしゃいますが、私たちが最もお伝えしたいのが、靴の履きやすさです。

快適に履けるからこそ、日常の生活の中で靴のストレスに振り回されることなく、やりたいことややるべきことに取り組めるようになるのです。

この靴を履いて、あんなことやこんなことをしたいと思っていただける靴を目指しています。


さて、余談が長くなりました。

今日ご紹介したいのは、私が試し履きとして履いているチャッカブーツです。



もう結構履き込んでいまして、私の足の形になっています。

履きジワができて、とってもいい雰囲気のブーツになりました。



横から見ても、やはり良い感じです。

参考までに、まだほとんど履いていないチャッカブーツはというと、



こんな感じです。

あくまでも私個人的な感想かもしれませんが、靴は履き込まれて道具として使われて、その格好良さが増していくように思います。

それが、他人の靴よりも自分の靴だと、さらにいっそう格好良く見えるように思います。

それは、私だけではなく皆さんも同じではないでしょうか。

使い込んで格好良くなるのは、革製品の特権ですね。


お知らせ

【お知らせ 1 】

3月1日(日)に、神戸のSUNさんにお伺いする予定です。

SUN仕様のサイドゴアブーツのオーダー受付が始まりましたが、ご自分のサイズがわからないという方のために足の計測をさせていただきます。

併せて、ハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のご注文も承ります。

【お知らせ 2 】

3月6日(金)と7日(土)に、長野市のIVY PRODUCTSさんにお伺いする予定です。

イベントの詳細は後日お知らせいたします。

【お知らせ 3 】

旅行用チャッカブーツ「旅チャッカ(仮)」のご注文を受け付けております。

今年の革は、黒のスムース革です。

価格は、税別で74,000円。

数日間の旅行や出張の際に続けて履くことができます。

今年の製作予定数は10足、ご注文は2月末日までとさせていただきます。

お早めにご注文ください。

詳細は、1月14日のブログをご覧ください。

本日の時点で、ご注文いただける足数があと8足となっております。



【お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。







   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ