ダイナイトのカカトの特徴

カテゴリー: Message:伝えたいこと


この件に関しては、時々お客様からお問い合わせをいただくことがあるのですが、ダイナイトソールのカカトのトップピースの減り方に関して、新たな靴を履き始めた時に減りがあまりにも早くて驚かれる方がいらっしゃいます。

参考までに、こちらの靴は少し前に完成して私が1日ほど履いたものです。

ダイナイト

カカトの減り方はというと、

ダイナイト

こんな感じです。

このギブソンブーツは、1日ほど履いたと言っても丸1日歩き回ったわけではなく、クルマで移動して少し歩いた程度なのですが、結構減っています。

1日でこれでは、カカトがすり減ってしまうのはあっという間なのではないかと心配される方がいらっしゃるのですが、実際には初めのうちはカカトの接地面が小さくて結構減りが早いものの、もう少し削れて面で接地するようになると、減り方がかなり穏やかになります。

私も初めはかなり驚きましたが、何足か履いてみてお客様の靴も確認しまして、だいたいの傾向が見えてきました。

カカトの減り方は個人差もありますが、私の感覚では1年半から2年くらいで交換という方が多いようです。

私自身の場合はもう少し長くて、3年から4年で交換しています。

カカトにしてもソールにしても、歩き方と履く頻度で減り方が変わってきます。

時々確認していただいて、積み上げまであと2~3ミリくらいを残した時に交換していただくのが良いと思います。

お知らせ

★最後のデュプイの革を使った企画「頑張った自分にご褒美企画2022」の受け付けをしています(残りが少なくなってきました)。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。





   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ