オーダーメイド靴の革選び

カテゴリー: Message:伝えたいこと


お客様が靴をオーダーされるときには、デザインを決めたり、仕様を決めたり、革を選んだりしていただくのですが、

全く何もご存知ない方がいきなり靴をオーダーするのって、とっても難しいことだと思っていらっしゃる方はいませんか?

 

実際に、かつて私がお付き合いのある神戸のSUNさんでジャケットをしようと思った時に、そんな心配があったのですが、

お店で店主さんに自分の希望を伝えたり、店主さんの意見をうかがったりしていたら、

全然難しくないということがわかりました。

もし、自分の希望が上手に伝えられなかったら、わかる範囲で伝えてあとは助けを求めればいくらでも助けてくださいますし、

難しいことは私でもわかるように教えてもらえばそれで解決できました。

変な仕様になっていたら、それは変だと言ってもらえますし、暴走していたら止めてもらえます。

そんな感じで、その時は私がお客さんになっていろいろと経験をしてきました。

 

同様に、靴をオーダーしてみようと思っている方、もしくは既製品が合わなくてオーダーする必要がある方は、ぜひ知っておいてください。

私たちをはじめ、オーダーメイドの工房やショップは、全く予備知識がない方でも問題なくオーダーしていただけるように丁寧に打ち合わせをしながら進めていきます。

わからないことは、その場で聞いていただければできるだけ丁寧にご説明いたします。

怖がらないで、ぜひご相談ください。

ご相談だけでもOKですよ。

 

それでも、多少は知識を持っておきたいという方のために、今日は革についてさっとお伝えいたします。

もしかしたら聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、

革には大きく分けると牛革だけでもカーフ、キップ、ステアという分け方ができます。

日本ではカーフは生後6ヶ月までの仔牛の革、キップは生後6か月から2年までの牛の革、そしてステアは去勢した雄牛で生後2年以上のモノという定義があるのですが、

それならカーフが一番キメが細かくてきれいなのでカーフの革で靴を作るのが良いと思ってしまいがちですが、

革にはそれぞれ特徴があって、言ってみれば得手不得手があるのです。

カーフは、確かにキメが細かくてきれいなのですが、仔牛なので厚みが薄く、どちらかというと華奢な革が多くなります。

私たちシューリパブリックで作るようなカッチリとしたハンドソーンウェルテッドの靴には、カーフではちょっと強度不足ということも結構あります。

また、ステアは大人の牛だから丈夫だけどキメが粗くてきれいじゃないと思ってしまうかもしれませんが、

最近の技術がとっても進んでいることや、革の個性が上手に表現されているステアもたくさんあって、これがなかなか良いとことたくさんあります。

なので、すべてカーフが良くてステアがダメという構図は、とりあえずの参考になってもそれが全てではありjません。

むしろ、できればどんな靴を作りたいのかという方向性(ベクトル)に対して、最も適している革を選んでいただくのが望ましく、

カーフとかキップとかステアとかの分け方よりも、その革自体をご覧になっていただいて、そのうえで作りてと細かい特徴などを確認して決めていただければ良いと思います。

そのほか、革には革好きなら一度くらい名前を聞いたことのあるようなブランドの革もありますが、

良い革はそういったブランドの革だけではなく、小さいけれど良い革を作るタンナーもたくさんありますので、

先入観はなるべくナシにして革を選んでください。

ちなみに私たちシューリパブリックでは、どちらかというと小さくて良い革を作っているタンナーさんの革や、

革問屋さんの倉庫で眠っていた高品質のデッドストックのモノなどを積極的に入荷しています。

殆どがイタリアの革ですが、国産のモノでも良いものもあります。

実際、お客様が靴をオーダーされるときには、私がご希望をうかがった上で、そのご希望に合いそうな革をいくつかピックアップし、

その中からお客様に選んでいただいています。

どれを選んでも失敗がないというところまで私が絞っていますので、お客様には安心して革を選んでいただいています。

それでも、お客様にしたら靴の雰囲気を左右することなので、決まらないという方も時々いらっしゃいます。

ともあれ、革は天然由来の素材ですのでスペックだけで選んではいけません。

その個体がどうなのかということも参考にして、作り手と相談しながら選んでいただくことをお勧めします。

これ、結構オモシロイですよ。

革

 

お知らせ

15周年企画ギブソンブーツ

①シューリパブリック15周年記念モデル第1弾及び第2弾ともに引き続きオーダー受付中です。詳しくはこちらをご参照ください。

 

 

Rifare大阪堀江店さんにて恒例のイベントを開催いたします。日時は、7月21日(土)、11時~20時です。足の計測や、ハンドソーンウェルテッド靴のオーダーを承ります。大阪近郊にお住いの方、ぜひお越しください。

 

Rifare名古屋栄店さんにて恒例のイベントを開催いたします。日時は、7月22日(日)、11時~20時です。足の計測や、ハンドソーンウェルテッド靴のオーダーを承ります。名古屋市近郊にお住いの方、ぜひお越しください。

 

 

④イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

 

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ