ウェストは絞らない

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


余談ですが、皆さんは何にこだわりをお持ちですか?

私のこだわりは、マニュアルのクルマに乗ることです。

私はクルマの免許を取ってからずっとマニュアルのクルマに乗ってきましたが、ウチの家内がオートマしか運転できないとのことで、17年前にクルマを買い替えたときからオートマになってしまいました。

マニュアルのクルマというと、きっと多くの方はアグレッシブな運転をしたいと言うかもしれませんが、私の場合はクルマが思ったとおりに動いてくれるという理由で、マニュアルのクルマがすきなのです。

決して速く走るとか何かすごい運転をするという目的はなく、ただただアクセルを踏んだら加速して、アクセルを緩めたら減速して、そういう細かいところが思い通りに動いてくれるだけで十分なのです。

でも、オートマのクルマの多くはアクセルを緩めても減速しないでそのままスーっと滑っていくようなものまであって、私は未だに馴染めないです。

免許を取ったばかりの頃に、大きな駐車場でパイロンを並べて先輩たちに運転の極意を教えてもらったときに、そういうことを教え込まれたのでいまだに身体に染み付いてしまっているのです。

クルマの性能を考えればオートマのクルマの方がずっと優れているのはよくわかっているのですが、マニュアルのクルマで慣れてしまっていると、オートマ車の動きはやはり不自然なんですよんね。

わかってくださる方がいると嬉しいです。

さて、もうひとつの私のこだわり、それは丈夫な靴を作ること。

丈夫ということは、履きやすさを追求した結果です。

またクルマに例えますが、プラットフォームがカッチリしているとサスペンションの動きは理想的に動きますし乗っている人も振り回されないように、靴の場合も後ろ半分がカッチリしていると足が疲れにくくなるとか靴の中で足がブレにくくなるという大きなメリットがあります。

それが理由で、私は靴のウェストを絞りません。

ウェスト

こちらはオックスフォードシューズですが、多くのビスポークメーカーはエレガントさを追求して(その他にも理由はありますが)ウェストをギューッと絞っています。

ウェスト

ビスポークではなくても、オールデンなどウェストを絞っているモデルもありますよね。

ですが、私達シューリパブリックでは靴の剛性を確保するためにこの部分にたくさん補強を入れるため、ウェストは絞らない仕様にしています。

ウェスト

ギブソンブーツもそうですし、

ウェスト

ギリーシューズも、その他のモデルも絞っていません。

しっかりと補強を入れて、剛性を確保することが優先になります。

ウェスト

その結果、靴のソールはこんな形になっています。

あくまでも実用を追求した結果であって、私達シューリパブリックのこだわりがこんな形になっています。

お知らせ

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。








 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑トップへ