ライニングの経年変化

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


以前に、インソールの状態をチェックしてくださいということをお伝えしたことがあります。

靴のレザーインソールは、その靴がどんな状態で使われているのかを知るバロメーターになるため、黒ずんできていることは湿気がちゃんと抜けていないことを意味し、もう少し靴を休ませるか、休ませる環境を改善する必要があることがわかるのです。

今日は、靴のライニングの状態の話。

チャッカブーツ

こちらは私が普段履いているチャッカブーツです。

今日も外出するときに履いて行きました。

このライニングを見てみると、

チャッカブーツ

ライニングはまだですが、ライニングと同じ素材を使っているインソックは、少しツヤが出てきていることがわかります。

じつはこの素材はある特徴がありまして、表面がまだ新しい時は耐摩耗に弱く、少しずつ使い込まれて押されてツヤが出てくるくらいになると、耐摩耗に強くなっていくのです。

ということは、靴がまだ新しいうちに靴ヒモをしっかりと締めないで履いていると、靴の中で足がズレてしまうため、まだ耐摩耗が強くなっていないライニングのどこかが擦れて削れてしまう危険があるのです。

強くなってからなら、靴の中で足がズレても良いのかと言われると、それもあまり好ましいことではないのでしっかりとヒモを締めて履いていただきたいのですが、特に新しいうちは注意が必要ということです。

ちょっとしたことですが、素材の特徴を知っておくといろいろと役に立つはずです。

お知らせ

【お知らせ 1 】

昨年2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、2020年1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、2020年の4月18日のお知らせをご覧ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

オンラインによる打ち合わせにも対応させていただいております。

ZOOMやGoogle Meet などのビデオ通話を使用して打ち合わせをさせていただきます。

詳細は、こちらをご参照ください。


【お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 

 





   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ