アーカイブ

ちょっとしたきっかけから始まること

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


私は最近、作業の時もお休みの日もイージーパンツばかり履いています。

ウェストはゴムなのでベルトを通さなくてよいため、とにかく楽なのです。

それが悪いとは言いませんが、そればっかりというのはちょっとどうなんだろうと思っています。

どうしたら私がちゃんとベルトを通すようなパンツを履くか考えたところ、ステキなベルトがあれば良いという結論に達しました。

そういえば、先月長野のIVY PRODUCTSさんにお邪魔したときにとってもステキなベルトのバックルがたくさんあって、オーダーでベルトを作ることができると言っていました。

私がIVYさんで扱っているようなステキなベルトを買ったら、間違いなくそのベルトを使いたいが為にベルトを通すようなパンツを履くことでしょう。

そうなれば、今よりももっとちゃんとした格好をするでしょうし、その影響でいろいろなことに気を遣うようになるのかもしれません。

クルマをもっと頻繁に洗うかもしれませんし、お客様をお迎えする時には白いワイシャツをビシッと着て(それが良いか否かは別として)お迎えするようになるかもしれません。

そんなきっかけって、私たちが生きている中でたくさんありますよね。

たぶん靴もそういうものだろうと思います。

ステキな靴を買ったから、それに合うようなコートを買おうとか、あえて買わなくても今あるモノをもっと上手に着こなすように気を遣うとか、やっぱり少なからずプラスの変化があるのではないかと思います。

以前に、ミニマムこそ正義みたいな時がありましたが、それはそれでそうしたい人たちがやればよいことだと思うのですが、決して全員がそうしなくてはいけないわけではなく、モノを入手したことをきっかけに向上する人もいるはずなので、自分に合ったやり方を選べばよいのでしょう。

私は工具にしても服やカバンにしても、多機能というものが好きではなく、ハンバーグを焼くならハンバーグ専用の鉄板があって、魚を切るなら魚専用の包丁があってという感じで、目的に合わせた専用のものが好きです。

そうすると必然的にものが増えてしまいますが、それらをすべてちゃんと使うのならそれでよいと思っています。

話が脱線してしまいましたが、モノがあって幸せな気持ちになれるのであれば、それは入手するべきだと思います。

必要以上なものは要りませんが、必要なだけならOKです。

それがあって幸せになれるのなら、それは安いものです。

そう思って、私はこれを買ってみました。

ポンポさん

「映画大好きポンポさん」のコミック1~3巻。

まだ1巻しか読めていませんが、こういう情熱いっぱいの話ってもっとがんばるぞって思いますよね。

仕事も日々の生活も趣味ももっといろいろなことも。

これもひとつのきっかけになってくれるのだろうと思っています。

お知らせ

★2022年1月より、ハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴の価格を改定させていただきます。
 旧価格107,800円(税込み)から新価格110,000円(税込み)となります。

★シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★私たちは、埼玉県の基準に則った感染対策をして、お客様のお越しをお待ちしております。

★旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 





   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ