ミシンがなかなか大変

カテゴリー: @ Work:アットワーク


靴を作る工程のひとつに、ミシンをかける作業があります。

この作業は、比較的何も考えずにできるので楽と言えば楽なのですが、じつはアッパーのデザインによって結構大変なものもあります。

その代表的なものが、サイドゴアブーツなのです。

というのも、ギブソンブーツやギブソンシューズ、チャッカブーツなどはパーツがつま先側とカカト側とに分かれるため、カカト側とつま先側をそれぞれ完成させてからつなぎ合わせるという手順で行けるのですが、

サイドゴアブーツは完全に筒状になっているので、

サイドゴアブーツ

こんな感じでエラスティック(ゴム)周りの表側とライニングを縫う時には、まだこの辺りは良いのですが、

サイドゴアブーツ

この辺りになると結構無理くりな縫い方になってしまうのです。

サイドゴアブーツ

それも、サイズが小さいものだといくらポストミシンでも自由が利きません。

サイドゴアブーツ

そうやって、何とか大変な部分を切り抜けて、またこうして少し楽な部分を縫っています。

サイドゴアブーツ

と言いつつ、出来上がりはちゃんときれいに仕上がっていまして、ミシンで苦労した形跡はみじんも見せません。

靴づくりを始めたばかりの頃は、ミシンは針穴が残ってしまうので絶対に失敗できないため、かなり慎重に作業をしていましたが、もう今となっては慣れたものです。

お知らせ

★只今受付中の「幸運のラストワンプラン」は、こちらをご確認ください。

★最後のデュプイの革を使った企画「頑張った自分にご褒美企画2022」の受け付けをしています。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ