修理をした靴をお返ししました

カテゴリー: @ Work:アットワーク


今日は、少し前にOさんからお預かりしていた靴の修理が完了いたしましたのでお返ししました。

修理靴

今回修理をしたのがこちらの2足です。

修理靴

今回のメニューは、2足ともオールソール交換&ウェルト交換、さらにボトムフィラーやシャンクを新しいものに交換するということで、ウェルトから下が新しいものになっています。

ハンドソーンウェルテッドの靴の場合、ウェルトを交換するということはウェルトを縫い直すということなので、履き込んで痩せてきたインソールとウェルトの関係がよりしっかりと縫われることになります。

クルマで例えるなら、サスペンションのショックアブソーバーやスプリング、そしてブッシュ類を全て新しいものに交換するような感じになります。

履き込んで足の形に沈んだインソールはそのままなので、ボトムフィラーのコルクが新しいものになっていても今後靴が足に馴染むのはとっても早いのです。

修理靴

確認のための試し履き。

じつはこの靴、ご注文&納品させていただいたのが今から10年以上前で、Oさんは10年もの間こんなにキレイに履いてくださったのです。

修理靴

10年以上たっていても、アッパーの状態は決して悪くなく、亀裂などもなく、まだまだもう1セット問題なく履いていただけそうです。

以前から点検の際にはお客様にお伝えしているのですが、靴を良い状態で永く履く秘訣は良い革を選ぶよりもどのように履くか、もしくはそのようにメンテナンスをするかにかかっています。

どんなに良い革を選んでも革をパッサパサの状態にしていてはすぐに亀裂が入ってしまいますし、クリームを塗りすぎてしまってもまたこれも亀裂が入ってしまいます。

さらには、靴を酷使するとアッパーだけではなくいろいろなところが壊れてしまいます。

そうならないように、靴を履き始めて半年から1年くらいのタイミングで、お客様がどんなふうに靴を履いているかを確認させていただき、もし問題があるようでしたらお伝えするというのが点検の目的です。

なので、点検は1度だけで十分ですし、極端なことを言ってしまえばお客様に正しい履き方をお伝えできればもうそれで点検は不要ということなのです。

でも、やっぱり心配な方もいらっしゃるかと思いますので、そんなときはお気軽にお越しください。

お知らせ

★只今受付をしている幸運のラストワンプランは、こちらです。

★只今、The フォーマルプランを受け付け中です。詳細は、9月24日のブログをご覧ください。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ