点検でプチリペア

カテゴリー: @ Work:アットワーク


下の写真は、今日お越しいただいたお客様のNさんの靴です。

メンテナンス

靴の点検のためにお越しいただきまして、何足かお持ちいただいた中の2足がカカトのトップピース交換が必要なタイミングになっていて、なおかつどちらも履き口のステッチが切れてしまっていました。

Nさんは、ギリーシューズがとっても履きやすいとのことで使用頻度が高く、修理が必要だったのはどちらもギリーシューズでした。

メンテナンス

カカトのトップピースの修理だけでしたら、その場で仕上げてお返しすることが出来るのですが、ステッチまでとなるとお預かりしてじっくりと丁寧に仕上げたいのです。

メンテナンス

こちらのギリーシューズは、ドッグテイルの横に亀裂が入ってしまっていたため、履き口の糸を広めにほどいて補強のテープを入れ、またステッチをかけるという修理メニューでしたが、Nさんの場合は履き口の糸が切れやすいので、後ろの8センチだけダブルステッチにしておきました。

メンテナンス

切れてしまったところはくっつけることはできませんが、見えない部分に補強が入っているのでとりあえず問題ないと思います。

メンテナンス

カカトのトップピースも新しくなって、またたくさん履いていただけそうです。

先日も一部のお客様には靴の点検のご案内をお送りさせていただきまして、何名かのお客様にお越しいただきました。

Nさんもそのおひとりです。

カカトのトップピースの修理だけでしたら、お近くの修理屋さんにお持ちいただいて修理をしていただければよいのですが、シューリパブリックの靴のフィッティングの確認や何か問題の解決などが必要な場合には、ぜひ私どもの工房にお越しいただいて一緒に解決していきましょう。

お知らせ

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。




   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑トップへ