サンプル製作始めました

カテゴリー: @ Work:アットワーク


余談ですが、少し前にこのブログでちょっとだけマシンガンズの滝沢さんの話を書きましたが、

J-WAVEの番組にゲストで出ていた時に、副業でやっている清掃作業員としての意見や日本のゴミの裏事情などを話していました。

私たちは、当たり前のようにゴミを出せば持って行ってもらえるという環境の中で生活をしているため、

私たちには知り得ない現実を知ることになって、ゴミに対する考え方が大きく変わりました。

なかでも、お金持ちの方々が暮らす地域はゴミが少なくて、あまり豊かではない方々が暮らす地域はまだ使えそうなものがゴミとしてたくさん捨ててあるという話が、かなり衝撃的でした。

それはつまり、お金持ちの方々(そういう分け方が正しいのかはとりあえず置いておきまして)はモノを買う時にしっかりと吟味して、

本当に欲しいと思っているものを妥協することなく買うため、買ってからはずっと永く使うのに対し、

あまり豊かではない方々は、本当に必要ではないものを100均などで買ったり、そのほかのものでも安いものを買うので、結果として飽きてしまったりすぐに悪くなってしまったりしてゴミが多いと見ているのだそうです。

ですが、お金持ちだからとかあまり豊かではないとかいう前に、ここで学ぶべきことがありまして、

中途半端なものは買うべきではない、要らないものは買わない、何かを買う時は飽きずに永く使えるものを買うということが、今の世の中においては正しいのだと言えます。

そりゃ、たまには100均で買ったものがとてもよくて永く使えることだってありますが、本当はあっちのホンモノが欲しいのに妥協して安いものを買うと、飽きてしまうなんてことも十分に考えられます。

じつは私自身も滝沢さんの話を聞いてから、まさにムダなモノを買わなくなりました。

Amazonのアカウントの欲しいものリストにはあれやこれやとたくさんのものがリストアップされていましたが、よくよく考えてみてだいぶリストから消えました。

だいたいそれ、なくても全く問題ないし・・・。

トミカのシボレーカマロやMarshallのポータブルワイヤレススピーカーは、単なる所有欲から発生したものだったので、早々に消えました。

聞いたことないメーカーのアウトドアのイスとランタンも消えました。

そう、今思えば所有欲って何?って感じです。

いや、所有する喜びももちろんあって良いのですが、私の場合は所有した時点でもう終わってしまいそうなものばかりだったので、消えてもらいました。

せっかく所有するなら、しっかりと活用できるものが良いですし、その前に必要だから入手するという流れが健全なのだと思います。

さて、前置きが長くなりました。

じつは、つい先日からサンプルの靴を作り始めています。

企画商品やお取引先の商品のサンプルを除くと、こうして普通にサンプルの靴を作るのは本当に久しぶりです。

なぜ、いまサンプルを作り始めたのかというと、全然サンプルの靴が足りていないためです。

それに、今ある靴たちはだいぶ古くなってきていますし・・・。

なので、今後少しずつ入れ替えたり増やしたりしていこうと思います。

ちなみに、今作っているのはこちらです。



こんなパターンを見せられたところで…と言われるかもしれませんね。

ギリーシューズです。

革は、ELBAMATTのグリーンの型押しで作る予定です。

ミシン以降の工程で、もう少し詳細にお伝えしたいと思います。

その次には、女性用のサンプルも作らないといけないです。

お知らせ

【お知らせ 1 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

只今、期間+足数限定企画商品「ウォーキン’チャッカ」のご注文を受け付け中です。

新型コロナの影響で在宅勤務になって、最近運動不足だと感じている方、ハンドソーンウェルテッドの靴は履きやすいけど、もっとガシガシと履き倒せる靴が欲しいと思っている方、

そんな方にお勧めの道具のように使い倒せる靴です。

発売期間は、9月末日まで

詳細は、こちらをご参照ください。

標準仕様の革は、ネイビーが人気で残りが少なくなってきています。 




【お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 













   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ