見えない部分こそしっかりと丁寧に

カテゴリー: @ Work:アットワーク


こちらは、あるお客様からお預かりしたものです。

修理

オールソール交換+ウェルトかけなおしの修理でお預かりしました。

修理

ウェルトをかけなおしたところ。

いつもお伝えしていることですが、ハンドソーンウェルテッドの靴は元の穴を使って縫いなおすので、リブが傷むことがなく、むしろ履き込んでインソールの革が締まってきた後に縫うので、この後は殆ど糸が緩むこともなく、快適に履いていただくことができます。

私が心掛けているモノづくりは、見えないところこそしっかりと丁寧に仕上げること。

特に、靴なんて見えない部分から積み上げて作っていくようなものなので、見えない本質の部分がしっかりしていないと履きやすい靴になりません。

見えない部分に補強を入れて十分な剛性を確保し、ウェルティングはピッチが狂わないように、そして均一の力加減でしっかりと縫いあげます。

人間の身体って本当によくできていて、例えば自動車でも剛性の高いものとそうでないものに乗った時に、あまり自動車に詳しくない人でもその違いを感じることができます。

靴だって同様で、一度剛性のしっかりしているものを履いてその快適さを理解すると、剛性の弱いモノを履いた時に違和感を感じます。

じつは、この靴の修理をご依頼されたお客様は、靴のソールが減ってきたのとともに靴の剛性が落ちてきたのでオールソールと一緒にウェルトのかけなおしをご依頼いただきました。

新しい靴を履くと感じると思うのですが、靴はやはり剛性がしっかりしている方が絶対に履きやすいです。

このお客様のように、オールソール交換のタイミングでウェルトをかけなおすと、見えない部分にある補強のパーツも全て新しくしますので、剛性がほぼ新品の時と同じくらいに復活します。

そろそろかなぁと思っている方、ぜひオールソール交換の際にはウェルトも補強のパーツも一緒に新しくして靴の剛性を復活させまましょう。


お知らせ

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。







   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑トップへ