フィッティングの調整をしました

カテゴリー: @ Work:アットワーク


お試しで販売しているシューツリーですが、受付は本日(3月13日)までとなっております。

靴に負担をかけない形状に削ったシューツリーの購入をご希望の方は、本日中にご連絡ください。

明日以降は全く販売しないわけではありませんが、納期が長くなってしまうことと価格が通常価格になります。


さて、お客様のAさんから、靴のハネがピタリと閉じてしまったので調整をしてほしいとのことで靴をお預かりしました。

フィッティング調整

今回お預かりしたのはこちらのスウェードのオックスフォードです。

どうやらAさんの足がやせてしまったようで、足囲で3~4ミリくらい細くなってしまったのではないかと思われます。

ギブソンにしてもオックスフォードにしても、こういう場合の調整はベロの内部に革を挟み込んであげるのが合理的だと思います。

フィッティング調整

今回はこの革を使いました。

1枚だとちょっと足りなかったので、2枚重ねです。

フィッティング調整

なるべく不自然にならないように少しサイズを変えておきます。

フィッティング調整

また、変な段が出ないように裏側は漉いておきます。

フィッティング調整

次に、ベロのステッチをほどいて表の革とライニングをはがします。

この作業、もっと大変かと思っていたら思いのほか簡単にはがれました。

フィッティング調整

そこに先ほどの革を挟み込んで、もう1枚挟み込んで・・・、

フィッティング調整

ステッチをかけるところに接着剤を塗り、しっかりと貼り付けてからミシンをかけます。

どうしてももともと何もはさまれていないところに何かを挟んで、そのうえで同じようにステッチをかけようとするとライニング側のステッチが外れてしまうことがあるので、その場合にはしっかりと接着剤で貼り付けてから縫います。

また、ライニングの革は引っ張れば多少伸びるので、しっかりと伸ばして形を整えてから縫ってあげるとキレイに仕上がります。

フィッティング調整

これで靴ヒモを通して完成です。

お知らせ

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。







 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ