革靴とスニーカー

カテゴリー: Message:伝えたいこと


まず、先ほどYouTubeの動画をひとつアップしました。

もしよろしければ、ご覧になってみてください。


さて、今日は定期的にお伝えしている革靴とスニーカーの話です。

先日、立て続けにお客様に・・・、

「もう、長時間歩くときは絶対に革靴の方が楽ですよね。」

ということを言われました。

もちろん私も異論はありません。

でも、おそらく大多数の方々はスニーカーの方が楽に決まっているじゃんて思っているのではないかと思いますが、その真相は果たしてどうなのでしょうか?

私が考えるところでは、ある程度足の力がある方なら革靴の方が楽ですが、お年を召した方や足の力がない方の場合は柔らかいスニーカーの方が楽なのではないかと思います。

「革靴の方が楽。」

とおっしゃっていたお客様は、シューリパブリックの靴を比較的永く履いてくださっている方で、そのことで足が鍛えられて革靴の方が楽と感じているのだと思います。

ちなみにその方々は、男性の方もいらっしゃいますし、小柄な女性の方もいらっしゃいます。

そもそも、構造的に見てソールが柔らかいスニーカーはスポーツをするのに適しているのに対し、全体的に硬い革靴は歩くのに適しています。

これが一番わかりやすい違いです。

硬いよりも柔らかい方が楽と思うかもしれませんが、ここでひとつ思い出していただきたいのは、人間の身体は環境に適応する能力があるということ。

つまり、柔らかいソールのスニーカーを履いていると、外からの衝撃を靴が吸収してくれるので、足自体は硬い靴を履くときに比べて衝撃を吸収する機能が劣ってしまう為、結果的に弱い足になってしまい、その先にあるのは足が疲れやすくなってしまうということ。

反対に、硬い革靴を履いているとそのことで足そのものが鍛えられ、健康で疲れにくい足になるという理屈です。

あくまでも理屈なので、すべての方がそうなるという訳ではありませんが、少なくとも日頃から鍛えないよりも鍛えた方が良い状態になれそうですし、実際に普段から革靴を履いている方々の足を計測してもなかなか健康的で良い状態になっているので、あながち間違いではないでしょう。

歳をとっても元気でいるためには、歯と足が健康であることが大切だと言われます。

歯は、定期的に歯医者さんを訪れて検診をしてもらうことで状態が悪かったら治療する事が出来ますが、足の場合は誰かか見てくれるということはなく、自分で管理しなくてはいけません。

歳をとって足が弱ってしまうと負のスパイラスに陥ってしまいますので、普段からしっかりと足の機能させて歩く環境を整え、足から健康を維持するように心がけましょう。

はじめはちょっと疲れるかもしれませんが、なるべく足に合ったソールの硬い靴を選んで、たくさん歩いて足を良い状態に保ってください。

スニーカー

お知らせ

★雨の日にも気兼ねなく履ける靴のご注文を受け付けています。

 

 詳細は、6月6日の記事をご覧ください。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。
















   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑トップへ