シューツリーは必要に応じてカスタムを

カテゴリー: Message:伝えたいこと


今日は、埼玉県にお住いのAさんがギブソンブーツ用のシューツリーを確認してほしいとのことで、シューツリーを持って工房にいらっしゃいました。

Aさんは、少し前にギブソンブーツが完成しまして、今は靴を慣らしているタイミングです。

ギブソンブーツ

まだまだおろしたてという印象です。

このギブソンブーツのために購入したというシューツリーがこちら。

シューツリー

コロニルのものです。

Aさんの足は、標準的な足よりも甲が低くて幅も細いため、市販のシューツリーをそのまま使うのは靴にとって好ましいことではありません。

というのも、私たちシューリパブリックの靴はジョイントの部分を極力薄くしていまして、特に親指側はほとんど隙間がないようなセッティングにしています。

それは、ジョイントの親指側の上の部分に隙間があると、屈曲した際に大きなシワがザックリと入ってしまって足を痛めてしまうためで、そうならないようにシワが入っても小さなしわで済むように、あえて隙間をギリギリにしているのです。

しかしながら、厚みのあるシューツリーを入れてしまうと、これによって靴の形が変わってしまい、大きなシワが入ってしまいかねません。

そうならないように、お客様にはシューツリーは薄いモノを、それでも合わなければ削って使ってくださいとお伝えしています。

上の写真のシューツリーは、よく見ると少し削ってあります。

実際に靴にセットしてみたところ、ほとんど靴を押し上げることなく良い状態でした。

そもそも、シューツリーとは靴を履いていてつま先が沿ってきてしまうのを防ぐことが目的で、その効果が得られればそんなにきついものを入れる必要はありません。

Aさんの靴はサイズは7 1/2ですが、おすすめしたシューツリーのサイズはSサイズです。

靴を大切にするためのシューツリーなのに、それによって靴を悪くしてしまってはいけませんので、サイズ選びや形の確認はしっかりとやりましょう。


今受付をしている企画商品の残数ですが、今日現在で以下のようになっております。

〇 旅ブーツ・サイドゴア 残り2足

〇 頑張った自分にご褒美のフルブローグ 残り1

どちらの商品も、予定数に達した時点で受付が終了となります。

ご希望の方は、お早めにご連絡ください。


お知らせ

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

私たちは、埼玉県の基準に則った感染対策をして、お客様のお越しをお待ちしております。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ