永く履いてもらえるために

カテゴリー: Message:伝えたいこと


最近は、身の回りに気にするべきものが増えて、ちょっと煩わしいと思ってしまうこともあります。

たとえば、スマホの充電器や充電ケーブルなどにおいては、スマホ自体が高性能化されていてアンペア数が上がっているため、

安全装置がついていないようなちょっと怪しい充電器や、古くなって切れかかっている充電ケーブルなどでは火災の原因になってしまうのではないかと心配になり、

古い充電器や古い充電ケーブルはすべて廃棄し、新しいモノや今の規格に合っているものに交換することにしました。

わざわざ買わなくても、家の中を探せば必要な分くらいあるようなので特に出費はありませんが、

火事のことを心配するくらいならこの機会に全部交換したほうが良いと思って交換してしまう・・・

ということをしなくてはいけないことがとっても煩わしいです。

スマホがなかった20年前には、絶対にそんな心配をしなくてよかったはずなのにと思うと、やっぱり煩わしいものです。

また、スマホがあることが当然の世界になってしまうと、バッテリーの心配もしなくてはいけません。

昨日は、ちょっと出かけた時にバッテリーが切れそうになり、クルマのシガーライターで充電しようと思ったら、古いケーブルしか積んでいなくて充電できずという、またまたこれも煩わしい。

情報量の増加で今はtype-cになったと聞いたことがるので、仕方ないと言えば仕方ないのですけど。

もうあと何年か経てば、すべてそういう煩わしさが解消してくれたらいいなぁって思っています。

さて、今日は私たちシューリパブリックの靴のコンセプトに関して、改めてお伝えしたいと思います。

以前に書いたことがあるので、ご存知の方も多いかもしれませんが、お付き合いください。

私たちシューリパブリックの靴は、タイトルの通りお客様に永く履いていただくことをひとつの目的としています。

当然ですが、ちゃんと履きやすい靴としてという前提です。

かつてのイギリスでは、庶民はそれほど裕福ではないこともあって、頑張って良いものを買って、それを永く使うという文化がありました。

おそらく今でもその考え方は変わっていないはずです。

なので、イギリスの靴や服、カバンなど身の周りのものは丈夫に、なおかつ修理をして使えるような作りになっているのです。

スーツなどの生地でも、イギリスのモノはちょっと重たいけどがっしりしていて丈夫という印象がありますよね。

ツイードなども然り。

靴もそうで、ソールを交換して履けるのはもちろん、靴として機能するために壊れてはいけないインソールやアッパーの革、つま先やカカトの芯などもかなり耐久性の高い仕様になっています。



写真は、今製作途中のあるお客様のものです。

インソールがとっても厚いのがお分かりになるかと思います。

厚ければ良いというわけではなく、必要に応じてこれよりも薄いものを使うこともありますが、

スッカスカの革ですぐにクタクタになってしまうようなものはNGで、

少なくともちゃんと普通に履いていただければ、インソールから先にダメになるようなことはない素材を使っています。

さらに、足の力が強い男性のお客様の靴は、それに十分に耐えうるほどの丈夫さが必要で、そのために厚さの厚いインソールを使っています。

さらに、そのインソールを補うために補強も入っていまして、快適に歩くためにカッチリとさせるべきところは、とことんカッチリとさせています。

その他、アッパーの革など替えの効かないパーツに関しても、耐久性のある素材を選んで使っています。

しかしながら、靴はお客様の履き方で永く履けるかどうかが大きく変わってきます。

必要以上にたくさんクリームを塗っていると、アッパーの革に亀裂が入ってしまうことになりますし、

靴を休ませずに過酷な頻度で履いてしまうと、インソールやアッパーの革が弱ってしまいます。

雨に濡れた後には十分に乾かしてあげないと、ウェルトを縫っている糸やインソールが弱ってしまいます。

とは言え、革靴と付き合うためにやらなくてはいけないことは、実際にはそんな難しいことではありません。

上手にポイントを押さえて、ぜひ靴と永いお付き合いをしてあげてください。

お知らせ


【 お知らせ 1 】

★★★under-29企画、受付中です★★★

under29受付中

under-29と言えども、ご注文される方が実際に29歳未満である必要はなく、気持ちがunder-29ならどなたでもOK。

初めてのオーダーメイド靴にピッタリな、ラスト(木型)がセットになったお買い得企画です。

デザインは、使い勝手の良いチャッカブーツ(黒)です。

そして製法はもちろんハンドソーンウェルテッド。

残り少なくなってきました、ご希望の方はお早めにご連絡ください。

11月5日(火)のブログでご紹介しています。


【 お知らせ 2 】

靴の価格の改定に関しまして、お知らせいたします。

材料の価格の高騰により、2020年1月ご注文分より靴の価格を改定させていただきます。

靴の価格は、現在96,000円(税別)を2020年1月ご注文分より97,000円(税別)とさせていただきます。

ご了承ください。

よろしくお願いいたします。


【 お知らせ 3 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。



私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 

 

 








   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ