暑くても蒸れない工夫

カテゴリー: Message:伝えたいこと


いよいよ明日は大阪へ行って、Rifare大阪堀江店さんにてイベントです。

Rifare大阪堀江店さんは店舗の移動が決まっていまして、この堀江の店舗でイベントを開催するのは今回が最後になります。

近くに美味しいカレー屋さんがあったり、すぐ隣がコンビニなのでちょっとアイスを買いに行けたり、その隣はケーキ屋さんなのでおいしいプリンを買いに行けたりできるのも、

とっても残念ながら今回が最後になります。

明日お越しいただく予定の方、ぜひこの堀江を堪能していってください。

また、とっても暑いのでくれぐれも体調を崩されませんよう、万全の対策をしていらしてください。

週末なので、どこかにお出かけの方もたくさんいらっしゃることと思います。

皆さん同様です、水分補給の準備をして、できたらおしぼりとか扇子とか、温度を下げるタオルとか、

しっかりと対策をしてお出かけください。

 

さて、今年はそんな感じで梅雨明けも早く、7月のうちからかなり気温が高くなっています。

靴を履いていると、靴の中が熱くなって蒸れてしまって気持ち悪いという方、いらっしゃいませんか?

話がちょっと脱線しますが、今年は私たちシューリパブリックではいろいろと企画を発信しているためか、ご新規のお客様も多く、

そんなお客様から・・・、

「ここの靴を履いてみたけど、靴の中が蒸れにくいような気がする。」

といったご感想何件かをいただいています。

靴の中が蒸れるのには理由があります。

まず、靴のサイズや形が合っていないために、靴の中で足が動いて熱が発生し、

そのことに対して足がストレスを感じて汗をかき、

足がかいた汗を靴が十分に吸収できないために靴の中が蒸れて気持ち悪くなってしまいます。

なので、靴の中で足が動かないように足にしっかりと合った靴を履き、

汗をかいても靴が十分に吸収することができれば、理論的に蒸れにくくなります。

シューリパブリックの靴は、そのような作りになっています。

見れにくい靴

実際に、真夏でもブーツを履いていただいて全く問題ない、むしろブーツの方がしっかりと足をホールドするのでストレスが少なくて良いという方もたくさんいらっしゃいます。

とは言え、実際に試してみて身をもって実感しないと・・・って思うことでしょう。

全てが理屈通りに行くとは限りませんから。

まぁ、ぜひ一度お試しください。

見れにくい靴

 

明日、7月21日(土)は、20時までリファーレ大阪堀江店( 06-6533-1373 ) にて、足の計測や靴のオーダーを承っています。

翌22日(日)は、リファーレ名古屋栄店( 052-746-9260 ) にて、やはり足の計測や靴のオーダーを承っています。

足の計測だけでも、もちろん歓迎ですし、

靴を見てみたいという方も、

もしくは今靴の勉強をしていて、靴の話をしたいという方も歓迎です。

ぜひ、この機会にお越しください。

お待ちしております。

 

お知らせ

15周年企画ギブソンブーツ

①シューリパブリック15周年記念モデル第1弾及び第2弾ともに引き続きオーダー受付中です。詳しくはこちらをご参照ください。

 

 

Rifare大阪堀江店さんにて恒例のイベントを開催いたします。日時は、7月21日(土)、11時~20時です。足の計測や、ハンドソーンウェルテッド靴のオーダーを承ります。大阪近郊にお住いの方、ぜひお越しください。

 

Rifare名古屋栄店さんにて恒例のイベントを開催いたします。日時は、7月22日(日)、11時~20時です。足の計測や、ハンドソーンウェルテッド靴のオーダーを承ります。名古屋市近郊にお住いの方、ぜひお越しください。

 

 

④イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

 

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ