ギブソンブーツ

カテゴリー: Message:伝えたいこと


私たちシューリパブリックでは、ブーツを推しています。

「推す」というのがどれくらいなのかなかなか正しくお伝えできないのですが、決して無理矢理勧めるわけではなく、

ノーマークだった方には、選択肢に入れてください程度のお勧めをさせていただいています。

そもそも、どうして私たちがブーツを推しているのかと言いますと、

ブーツは実用を考えたときに機能面で大変優れていて、道具として考えるのなら現代の環境にとっても適しているからです。

長時間靴を履き続けなくてはいけない方には、足首より下だけでホールドするよりも足首よりも少し上までホールドしたほうがよりムリなくフィットさせることができますし、

足首よりも上まで包み込まれていると、それだけ安定感も安心感も増します。

さらに、寒い時期には足首が冷えなくて済みます。

でも、そんな理屈よりも、実際に履いていただくとブーツの良さを実感していただけるはずです。

 

シューリパブリックには3つの柱となるブーツがありまして、

それらはギブソンブーツ、チャッカブーツ、そしてモンキーブーツなのですが、

その中でも、私が最も機能面を考えたときにお勧めするのが、このギブソンブーツです。

ギブソンブーツ

ギブソンブーツは、ひとことで言ってしまえば道具です。

そもそも靴は道具なのですが、その中でもギブソンブーツは道具らしい道具だと思っていて、私もそのつもりで製作しています。

足をしっかりと、それでいてきつすぎず緩すぎず、心地よく包み込むようにホールドしたうえで、

身体の一部のような感覚で履くことができ、長時間履き続けても疲れにくく、

履き込んでヤレてきた頃がとっても格好良いと思います。

オーダーメイドの靴だから、ここ一番の時に履くのも良いですが、

足に合わせて製作して履いていて快適なオーダーメイドの靴だからこそ、日常に履いていただきたいのです。

いつでも気軽に履けて、どんな服にも合わせやすくて、履いていて楽しいのがギブソンブーツだと思っています。

チャッカブーツやモンキーブーツにもそれぞれ性格があって、こんなふうに履いてほしと思うことがあるのですが、

同じように考えたときにギブソンブーツが最も道具としての靴なのだと思います。

 

お知らせ

15周年企画ギブソンブーツ

①シューリパブリック15周年記念モデルのオーダー受付中です。詳しくはこちらをご参照ください。

 

 

 
6月3日(日)長野市IVY PRODUCTSさんにお邪魔する予定です。今回も足の計測をさせていただきます。シューリパブリックのハンドソーンウェルテッドの靴のご注文も承ります。注文するしないにかかわらず、お気軽に遊びにいらしてください。クルマでお越しの場合は、近くに12時間まで700円という駐車場もたくさんございますので、ぜひ観光も兼ねてお越しください。お待ちしております。
 

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ