アーカイブ

アリゾナというシュリンクの革

カテゴリー: Message:伝えたいこと,Leather:革入荷情報


以前にご案内したことがある革ですが、最近改めて人気が出てきているので補足としてお伝えしたいと思います。

アリゾナ

トスカーナにあるコンツェリア・ラ・ブレターニャ社で作られているシュリンクの革で、商品名がアリゾナといいます。

シュリンクの革を作るには、元の革を膨らませてシボを形成するので、革自体はやや厚く仕上がります。

そんなわけで、この革も暑さが約2㎜ほど。

ですが、比較的しなやかな仕上がりで靴になった時でも硬い感じはありません。

かと言ってクタクタというわけでもなく、ちょうどよい具合の硬さです。

それよりも何よりも、この革はとっても素直なシボが魅力で、癖が強すぎず弱すぎず、上品なカジュアルの靴を作るのにちょうどよいでしょう。

アリゾナ

シワの入り方もかなり素直です。

こんな革がありそうででも実はなかなかなくて、イイ雰囲気の革だなぁって思って入荷しました。

先日は、色違いのブラウンをご紹介しましたが、この紫色も実物はもう少し落ち着いた感じで、普通にお仕事でも履いていただけそうな感じです。

アリゾナ

たとえば、この革を使ってこんな感じの3穴ギブソンシューズなんて作ってみても、つま先の丸いラストを使えばイイ感じにカジュアル感が出ます。

昨今ではお仕事の時にもスーツではなくもう少しカジュアルな雰囲気の服を着るという方も多いので、でもスニーカーではカジュアルすぎるという時には、これくらいの適度に上品なカジュアルの靴があれば守備範囲が広くて重宝します。

アリゾナ

革が適度に厚くて懐の深い雰囲気に仕上がりますので、大人の靴として履き倒していただけると思います。

このアリゾナは、現在この紫色と先日ご紹介したブラウン、そして生地の関係でシボ感がかなり違うのですがもう少し小さなシボの黒が入荷しています。

黒はこれらに比べるとかなり控えめなシボで、全く違う革なのではないかと思えるほどですが、逆にその雰囲気が独特でとってもステキです。

プレーンのデザインでも良いですし、思いっきりにぎやかにしてフルブローグなどでも格好良く仕上がりそうです。

ご興味をお持ちいただいた方は、ぜひ一度実物をご覧になってみてください。


そして、いよいよ明日から長野市のIVY PRODUCTSにてイベント開催です。

12月3日(土)と4日(日)、両日とも11時から19時までです。

IVY PRODUCTSさんでは、オリジナルの財布や名刺入れ、そのほかカバンやベルトなど、ステキなデザインの革小物を取り扱っています。

長野駅からも善光寺からも歩ける距離ですので、ぜひお越しください。

また、明日、明後日の両日ともお客様の足を計測して、足のサイズや特徴をお伝えし、より快適に靴を履いていただけるようなお手伝いをいたします。

ご希望の方がいらっしゃれば、オーダーメイド靴のご注文を承ることもできますし、サンプルの靴を持参しますのでそれらの靴をじっくりとご覧いただくこともできます。

靴の勉強をされている方も大歓迎です。

ぜひ、この機会にお越しください。

皆様のお越しをお待ちしております。

お知らせ

★只今受付をしている「幸運のラストワンプラン」はこちらです。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。





 

 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ