アーカイブ

幸運のラストワンプラン(14)

カテゴリー: News:お知らせ,幸運のラストワンプラン


在庫の革の残りが少しずつ少なくなってきて、もうあと1足ほどになった時には、ダブルブッキングのないように念のためリストから外して倉庫の中に保管しておくのですが、そんな革が結構溜まってきたので「幸運のラストワンプラン」として格安でご注文をお受けしています。

今回ご紹介する革はこちらです。

革

皆さんきっとご存知だと思いますが、イギリスの有名タンナーのチャールズ・F・ステッドの革で、WAXY KUDUといいます。

チャールズ・F・ステッドは、スーパーバックなどのスウェードの革がとても有名なタンナーさんですが、こんな革も作っていたようです。

WAXY KUDUという名前ですが、実際にはWAXYというよりはオイルっぽい感じでグリッシーといった方が正しいのではないかと思います。

そしてKUDUですが、これはクードゥーという動物の革で、牛とは違う動物です。

革

この革の特徴は、まずこんな感じでキズが多く、逆にキズがあってこそといっても過言ではないと思うほどの革です。

どの部分をとっても必ずキズが入りますので、そういうものだとご理解ください。

革

また、俗にいうプルアップのような革で、引っ張ると色が薄くなるという特徴があり、靴になった時にはほぼ全体的に一段ほど色が薄くなります。

革

なので、こんな感じでシワがありますが靴にしてしまえば色が薄くなってシワなんて消えてしまいます。

革質は、普通のオイルを含んだ牛革に比べると少し柔らかく感じます。

牛の革とはちょっと違って、何と言えば良いのでしょうか、張りがあるのに柔らかい感じで、おそらくこの革も靴を作って履いてみるとすごく足なじみが良いように思います。

なかなか貴重な革です。

この革の残りは1足分ではありますが、あまりパーツが多いフルブローグブーツなどはサイズによっては難しい場合もありますのでご了承ください。

革

ちなみに、裏側はこんな感じです。

このプランの仕様は以下の通り

〇 ご注文をお受けできるのは1足のみ(早いもの勝ち)。

〇 価格は基本仕様が95,000円(税込み)

〇 オプションを追加することはOKですが、別途オプション費用がかかります。

〇 デザインの制約はありませんが、シューリパブリックでお受けできるものの範囲でお選びください。

〇 初めてご注文される方は、別途ラスト費用(税込み28,600円)が必要です

〇 通常のオーダーメイドの靴と同様に足に合わせて製作+ハンドソーンウェルテッドで製作します。

〇 こちらはご予約はOKですが1か月を超えるお取り置きの対象外とさせていただきます。

この革を使って靴を作ってみたいという方、お早めにご連絡ください。

皆さまからのご連絡をお待ちしております。

こちらの革は完売いたしました。

お知らせ

★最後のデュプイの革を使った企画「頑張った自分にご褒美企画2022」の受け付けをしています(残りが少なくなってきました)。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。





 


   |  

“幸運のラストワンプラン(14)” への2件のフィードバック

  1. 高橋 より:

    傷の箇所は強度の問題はないのでしょうか?

    • shoe republic より:

      コメントありがとうございます。
      キズの箇所の強度に関しまして、見た目がひどい箇所やラスティングの際に割れてしまいそうな箇所は、基本的に外して革を裁断しています。
      靴の場合、ほんのわずかなキズも避けて裁断するのが基本ですが、この革の場合はその基準が若干甘くなるということになります。
      なので、強度的な問題はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ