革を発掘しました

カテゴリー: Leather:革入荷情報


今日も倉庫の中からすっかり忘れていた革を発掘しました。

こんな革です。

革

ライトブラウンのキップで、トリフキップといいます。

表面の仕上げは写真で見るとツヤがるように見えますが、どちらかと言えば素上げに近い仕上げのものです。

国産の革なので、安心感があるというか品質が安定しているというか、海外生産の革に比べると一定の品質をしっかりと保っています。

言い方を変えれば外国製の革は面白さがあるぶん、クオリティが安定しないこともけっこうあるので、細かいところが気になるという方はこのような国産の革の方が安心です。

革

なかなか素直な生地で、シワの入り方もきめが細かく、なかなか上品な雰囲気の革と言えます。

シワの入り方は、靴が将来どんなふうにシワが入って、そんな感じで経年変化していくのかを推測するのに必要な情報です。

あまりキレイではないシワが入る革は、革そのものの繊維があまり良くないということを表していて、そのような革はシワになる部分に将来的に亀裂が入る可能性が高いと言えます。

反対に、キメの細かいキレイなシワが入る革は、繊維が整っているということなので、シワが入っても亀裂が入りにくいという可能性が高いわけです。

ただ、それ以前に革の場合はメンテナンスで大きく状況が変わります。

そんなに良い素材であっても、クリームの塗りすぎであったり、もしくはメンテナンス不足で乾燥してしまうようでは、亀裂が入ってしまう可能性が高くなります。

革

革の厚さは1.4㎜ほど。

革の硬さは、男性用の革靴を作る場合には十分なしっかり感があり、だからと言って硬すぎるわけでもなく、女性用の靴を作る場合でも問題なさそうな革です。

そう考えると、この革はなかなか万能なのかもしれません。

革

革の裏側はこんな感じで、キメがそろっていてとってもキレイです。

この革を使って靴を作る時にお勧めなのは、フルブローグのシューズやブーツ、そしてセミブローグ、あとはプレーンのチャッカブーツ、そのほかではちょっとシュッとした感じでノーズを長めにした3穴のギブソンシューズなども格好良さそうです。

結構なんでも行けちゃいそうですね。

この革で靴を作ってみたいという方、お早めにご連絡ください。

ご連絡をお待ちしております。

お知らせ

★最後のデュプイの革を使った企画「頑張った自分にご褒美企画2022」の受け付けをしています。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。




   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ