革が入荷しました

カテゴリー: Leather:革入荷情報


久しぶりに、こんな革が入荷しました。

king-mp

写真では、実物よりもやや明るく写っているようですが、とってもキレイなネイビーの革です。

この革は、以前から私たちシューリパブリックで取り扱っているイタリアのタンナーのRussoのKing MPという革で、これまでは黒とこげ茶のみの取り扱いでしたが、デッドストックになってしまったので在庫のあるうちにネイビーも入荷してみたというわけです。

King MPに関しては、すでに靴を作られた方も多いのであまり詳しくお伝えいたしませんが、簡単に言ってしまえば仕上げ映えのするとってもキレイで生地も素晴らしい革です。

生地の良し悪しは、革の裏側を見てみればすぐにわかります。

king-mp

生地があまり良くないものは、裏側がボソボソになってしまっています。

対して良い生地の革の裏側は、毛足の短いスウェードのようになっています。

何をどう判断したらよいのかわからないという方もいらっしゃるかもしれませんが、この革は毛足の短いスウェードのようです。

これまで入荷したKing MPの黒やこげ茶では、オックスフォードやギブソンシューズなど、主にシュッとしたキレイな靴を作る際にお選びいただいていますので、このネイビーも同じようにキレイ目な靴を作る時にお選びいただければと思います。

king-mp

シワの入り方は、こんな感じです。

キメが細かい革なので、シワと言っても本当にきれいなシワの入り方ですね。

シワがあまり目立ちません。

そして、参考までに同じKing MPの黒と比べてみましたのでご覧ください。

king-mp

革の場合は、あまり細かい色分けをせずに青っぽい色はすべてネイビーという表記にしてしまうことが多いですが、この色は本当のネイビーブルーと言ってよいかもしれません。

本当にキレイな色です。

こんな色の革で靴を作るとしたら、どんなデザインが良いでしょうか?

私なら、セミブローグのブーツとか、ストレートキャップ付きのギリーシューズとか、もしくはモンキーブーツなどちょっとパーツの点数が多いデザインが格好良いのではないかと思います。

皆さんも、何かイメージができましたら是非この革を使って靴を作ってみましょう。

参考までに、こちらの革はオプション扱いになり、価格が+3,300円(税込み)となります。

また、入荷したのが2枚だけですので、製作できる靴の足数は6足となります。

人気が出そうな革ですので、ご希望の方はお早めにお取り置きのご連絡をお願いいたします。

皆様からのご連絡をお待ちしております。


お知らせ


初めて靴をオーダーする方にピッタリな企画「集まれ!Freshers」は、まだまだ受付中です。

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

私たちは、埼玉県の基準に則った感染対策をして、お客様のお越しをお待ちしております。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。







   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ