アーカイブ

軽やかな色で行こう

カテゴリー: Leather:革入荷情報


今日はとっても暖かかったですよね。

3月なのに、気温は25度を超えていました。

私は朝からTシャツで仕事をしていて、これってゴールデンウィークのころの気温ではないでしょうか?

もう今シーズンは雪は降らなそうなので、仕事前にササっとタイヤをノーマルタイヤに履き替えました。

それにしても、こんなに急に暖かくなると、どこかに旅行に行きたくなったり、買い物に行きたくなったりしてきます。

私個人的な提案としましては、春から夏にかけて、さらに秋にもこういう色の靴を履いてほしいなぁって思っています。

紫

紫、とっても高貴な色です。

革靴は、スーツを着たときだけではなく、もっとカジュアルナスアイルの時にも履いてほしいと思っています。

Tシャツにジーンズに革靴。

でも、それはビジネス用のシュッとした革靴とはちょっと雰囲気が違っていて、黒い革であっても質感がちょっとしがっていたり、仕様が違っていてウェルトがストーム付きのカジュアルな仕様だったり、

もしくはソールが少し厚めであったりと、細部の仕様がちょっと違います。

いわゆる上品なカジュアルってやつです。

例えばこんなチャッカブーツ。

チャッカブーツ

紫色の革で作った、カジュアル仕様のチャッカブーツです。

このチャッカブーツはビジネス用の靴と何が違うのかと言いますと、

まず革の色ですが、さすがにスーツにこのような色の靴はちょっと難しいと思います。

そして、革の質感です。

ビジネス用の靴は、主にスムースと言ってツルンとしていて磨けば光りそうな質感の革が多いですが、この革は小さなシボがあってお仕事用で多く使われるスムースの革とはちょっと異なります。

それから、コバの張り出し具合やソールの厚さもカジュアル仕様です。

このような仕様は、実際にはそれらの要素の組み合わせ方でカジュアルっぽくなったりビジネス用っぽくなったり、場合によっては両方に使えるような雰囲気になったりするわけで、

スムースの革だからすべてお仕事用というわけではなく、あくまでも全体の雰囲気の持って行き方で変わってきます。

カジュアルと言ってもあまり品のないカジュアルはダメです。

大人のたしなみとしてふさわしいカジュアルなスタイルをぜひしていただきたいと思います。

 

お知らせ

4月21日(土)には、大阪北堀江のRifare大阪店さんにて、恒例の「足の計測会&靴のオーダー会」のイベントを開催します。大阪近郊にお住いの方、ぜひいらしてください。

4月22日(日)には、神戸三宮のSUNさんにて、シューリパブリックのハンドソーンウェルテッドの靴のオーダー会を開催いたします。神戸近郊の皆様、ぜひお越しください。

どのイベントも、オーダーするしないにかかわらず、靴に興味があるとか、靴のフィッティングに問題を抱えているとか、とにかく作り手である私たちに質問を投げかけたり、相談したりということも大歓迎です。
もしかしたら一緒に問題を解決ということになるかもしれませんが、何かしらお役に立てるのではないかと思います。
おばあちゃんが、ご近所のおうちの縁側にお茶を飲みに行くような感覚で、ぜひお気軽にお越しください。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

“軽やかな色で行こう” への2件のフィードバック

  1. IDeals より:

    この記事は非常に興味深いものです。私はそれがとても好き。私はそれが本当に誰にとっても便利だと思います。

    • shoe republic より:

      IDealsさん、コメントありがとうございます。
      私たちも、ぜひ皆様にこのような靴を普段に履いていただきたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ