足の計測の裏話

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


皆さんは、これから靴をオーダーするために靴の工房に行くという時には、どんな靴を履いて行きますか?

今持っている中でもっとも高価な靴?

今持っている中でもっとも履きやすい靴?

特に気にしない?

まぁ、考え方はいろいろあると思いますが、私がお客様をお迎えしていて感じるのは、初めていらっしゃる方は良い靴、もしくは高い靴を履いていらっしゃることが多いということ。

「靴が好きなんですよ。」

ということをアピールするためにも、さらには靴には高い関心がありますということをアピールするためにも、一番良い靴を履いてきていただくのは悪いことではありません。

ですが、世の中にはたまたまなのか、もしくはそれを知っていたのかわかりませんが、足の計測の究極の準備をしているかの如くこんな履物を履いていらっしゃる方が存在します。

それは、サンダルです。

もしかしたら、全くやる気がないと思われてしまうサンダルですが、じつは足の計測をする側からすれば非常に好ましい履物なのです。

というのも、もしお越しいただくときにキツイ靴を履いていらっしゃったとしたら、足が締め付けられて数値が小さくなってしまいます。

それは、靴を脱いだからといって瞬時に戻るわけではなく、本来の足に戻るまで多少の時間を要します。

対するサンダルは、足を締めつけることがありませんので、本来の足の状態をすぐに確認することができます。

なので、靴のオーダーの際にサンダルを履いていらっしゃる方がいたら、それはかなり知識をお持ちの方、もしくは全く靴に興味をお持ちでない方と判断します。

実際にこれまで数名の方がサンダルでいらっしゃいました。

さすがです。

もし、皆さんが足の計測に臨まれることがありましたら、サンダルが好ましいということを知っておいてください。

計測

お知らせ

★只今受付中の「幸運のラストワンプラン」は、こちらをご確認ください。

★最後のデュプイの革を使った企画「頑張った自分にご褒美企画2022」の受け付けをしています。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。





   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ