唯一使っているスポンジ

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


余談ですが、今日は我が家の家庭菜園で、ミニトマトとズッキーニとオクラとカボチャを収穫しました。

野菜

カボチャは本当は収穫するつもりはなかったのですが、どんな状態か見ようとしたらポッキリと折れてしまったので、このまま収穫することにしました。

オクラは今年初めてチャレンジしています。

ご近所さんにオクラを勧めていただき、実際にやってみたら思いのほか簡単(植えたら水をあげて放っておくだけ)で収穫できたので、これに味をしめて来年もチャレンジしようと思います。

ミニトマトは、まだ第一果房や第二果房のものなので様子見と言ったところです。

もう少し上のほうで熟し始めたら、完熟してから収穫しようと思っています。

というのも、下の方の実は鳥につつかれるので、多少早めに収穫しておかないと全部食べられてしまうのです。

鳥にも少し上げますが、全部はあげません。

そういえば、昔祖母が言っていました。

野菜はとりあえず何か植えておけばいつかは収穫できるから、とにかく植えておけと。

それって、今の時代のことに置き換えると単に野菜の話にとどまらず、習い事でも趣味でも仕事でも、とりあえずいろいろなものにチャレンジしておけば、もしかしたらそれがいつか役に立つととれなくもないなって思いました。

祖母がそこまで考えていたかはわかりませんが、これまでいろいろなバイトや仕事、趣味、習い事を経験した私としては、やってきたことはムダではないなって思います。


さて、今日は靴の見えない部分に使っているこんなパーツの話です。

スーパーユーラッシュ

2ミリ厚のスポンジです。

これは何かといいますと、靴のインソック(中敷き)の下に敷いているモノです。

インソールは天然の革を使って、ライニングにも天然の革を使っているくらいなので、そんなスポンジなんて使わなそうと言われるかもしれませんが、このパーツだけはスポンジが適しています。

それも、ただのスポンジではなく、高密度ウレタンフォームの中でも耐久性が非常に高いもので、10年くらい履いたものを取りだしてみてもほとんど劣化は感じられないほど。

ちなみに、商品名はスーパーユーラッシュと言います。

ネットでも買えますよ。

カカトの部分には、ヒールをとめるためにマシンネイルを10本も打っているため、もしこのような緩衝材がなかったとすると思いのほか衝撃がカカトに伝わってきてしまいます。

たかだか2ミリ厚の素材ですが、これをカカトにセットしておくことで歩くときの衝撃を大きく緩和します。

見えない部分のパーツですが、こういう部分はしっかりとこだわっています。

モノづくりに携わる者として、お客様にはわからないけれどどうしてこの靴は履きやすいのだろう?って思っていただけると非常に嬉しく、もし何も感じていただけなかったとしても、何の不満もなく使っていただければそれはそれで非常に嬉しいことなのです。

こういう見えない部分のこだわりって、誰にもわかってもらえないのですが、なんとなくニヤニヤしてしまいます。

他にも、見えない部分に関してはオーバークオリティで作っています。

お知らせ

【お知らせ 1 】

昨年2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、2020年1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、2020年の4月18日のお知らせをご覧ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

オンラインによる打ち合わせにも対応させていただいております。

ZOOMやGoogle Meet などのビデオ通話を使用して打ち合わせをさせていただきます。

詳細は、こちらをご参照ください。


【お知らせ 4 】

期間&足数限定 出張計測費用かかりません☆プラン を試験的に実施します。

これは、新型コロナウィルスの影響で多くのお客様が靴のご注文のために私たちシューリパブリックの工房にお越しいただくのが難しくなってしっまったため、先にオンラインで打ち合わせをおこない、新型コロナウィルスが多少落ち着いたころにお客さまの元へお伺いし、足の計測をさせていただくというプランです。

今回は試験的に特別な費用はナシで実施させていただきます。

あまり頻繁に工房を空けられないので、足数が限定となります。
ご了承ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【お知らせ 5 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 

 









   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ