早々に冬支度

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


今日は水曜日なので、私たちシューリパブリックの工房はお休みです。

荷物の発送があったので、朝一で佐川さんに荷物を持って行ったりしましたが、そのほかは比較的ゆっくり過ごす事ができました。

ところで、私は来月早々に長野市のIVY PRODUCTSさんでイベントがあるので、ちょっと早いですが時間がある時にと思いましてクルマのタイヤをスタッドレスに履き替えてしまいました。

先日、新潟からいらっしゃったお客様は、もうすでにスタッドレスにしているとおっしゃっていたので、雪が降る地域の方からすれば特別早いわけではないのでしょうけれど、通年はだいたい12月に入ったら履き替えることにしていたので、私にしたらちょっと早いのです。



私は、昔からタイヤにはこだわりがありまして、高いタイヤが良いとか静かなタイヤが良いという訳ではなく、希望としては雨の日にちゃんと安全に走れるタイヤということを基準に選んでいます。

それに最も適しているかどうかはわかりませんが、夏タイヤはミシュランのPS4を履いていて、これまでのスタッドレスもミシュランでしたが、今回は気分を変えてコンチネンタルにしてみました。

スタッドレスタイヤ

コンチネンタルのタイヤは、ウチの家内のクルマが今年の春にタイヤ交換したときに履いてみたのですが、なかなか良かったので私も試してみようということになったわけです。

スタッドレスタイヤ

昔は車載のジャッキを使って交換していたのでとっても大変でしたが、車載のジャッキはあまり耐久性が高くないということを聞いたので専用の油圧ジャッキを調達しまして、作業性が圧倒的に改善されました。

スタッドレスタイヤ


タイヤを出してくるところから、ジャッキであげて交換して、トルクレンチでしっかりとボルトを締めて、夏タイヤを片付けて、最後に空気圧の確認というところまでやって、だいたい40分くらいでした。

かつての作業時間に比べれば、半分近くになっていると思います。

タイヤ交換が終わって、テストドライブのために夕食の買い物に行ってきました。

お休み日は、私がご飯当番なのです。

このコンチネンタルのスタッドレスの印象は、新しいタイヤなのでとっても軽くて快適なのは当然としまして、以前に履いていたミシュランのスタッドレスに比べて感覚的に柔らかい印象です。

多少のゴツゴツ感はありますが、ギャップを乗り越えた時の感じはなかなかマイルドです。

ただ、ゴムが厚い感じというか、BSのタイヤのようなボヨンという感じも受けました。

まだ走り出して数キロなので全然タイヤの本来の特性はわかりませんし、高速道路も雪の路面も走っていないので特性もわかりません。

普通に一般の道路を走るということにおいては、夏タイヤに比べてそれほど大きなデメリットはなさそうです。

素人ですが、そんな印象を受けました。

そうそう、今日はその買い物の時にちょっと時間があったので、いつも行っているスーパーですが店内をじっくりと見て歩きました。

いつも行っているのでほとんどのことが分かっていると思っていたのに、改めてじっくり見てみると知らない商品がたくさんありました。

こういうのって、慣れ切った大人の目で見ているということなのでしょうね。

小さな子供だったら、見るもの見るもの好奇心いっぱいでいろいろなものを素直な気持ちで見つけられるのでしょうけれど、わかっていると思ってしまっていると、なかなかそうはいきません。

なので、じっくり見てみて、あえて普段買わないようなものを買ってみました。

冷凍のとんかつ、塩昆布、いつもと違うウィンナー、そのほか諸々。

いつもは見ない乾物のコーナーや、チーズのコーナー、パックのジュースのコーナー、お惣菜やお寿司のコーナーなど、新しい発見がいっぱいでした。

普段行っているスーパーでこんな感じだから、Amazonや楽天だともっと見たことがない商品がたくさんあるのでしょうね。

時間があったら制覇してみたいものです。

お知らせ

★最後のデュプイの革を使った企画「頑張った自分にご褒美企画2022」の受け付けをしています。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。







   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ