モノづくりの基本

カテゴリー: @ Work:アットワーク


今日は、ミシンをかけていたら突然に「バチン!」という音を立てて糸が切れました。

糸が切れるのはよくあることなので全然驚きもしませんでしたが、よくよく見てみると上糸と下糸のバランスを調整するパーツがユルユルになっていて、またいつものヤツでした。

いつものヤツというほど頻繁に発生するわけではないのですが、年に1~2回くらい起こる持病みたいなやつで、構造上使っているとどうしても緩んでしまうネジがあるのです。

それが緩んでしまったがために、今回のトラブルが発生しました。

ミシン

ミシンの糸の強さを調整するパーツです。

普段は、手前のナットらしきものを締めたり緩めたりすることで上糸の調整ができるのですが、その奥の方にバネをとめているパーツがありまして、その軸のネジが緩んでしまうのです。

ミシン

久しぶりにカバーを開けたので、必要なところにしっかりとグリスをあげて、ちょっとした調整もして元通りに直りました。

このミシンは、10年ほど前に知人を通して廃業するという職人さんから譲っていただいたもので、こういうモノって使っていた方が結構ちょこちょことカスタムしていることが多く、バラしてみると純正パーツじゃないどころか、これは自分で加工して作ったパーツじゃないの?というモノもたくさんついています。

また、使う頻度がそれなりに高いうえに、ドイツの機械は壊れたら修理をして使うということを前提にしているので、いただいた直後にミシン屋さんに持ち込んでしっかりとオーバーホールをしていただいたにもかかわらず、あちらこちらが壊れてその都度直しています。

サーボモーターは、2度ほど壊れました。

そうやって壊れるたびに修理の方法や仕事をとめずに直す方法などを知り、このミシンはだんだん私の身体の一部のようになってきています。

工具にしても機械にしても、モノづくりにおいては絶対に必要ですし、それらは壊れることだってあるわけですから、壊れてもとりあえずの応急処置くらいはできるようになっているべきなんだろうなぁって思っています。

その点、このサーボモーターを作っているメーカーさんはサポートがしっかりしていまして、例えば今日サーボモーターが壊れたと連絡すると、交換用のサーボモーターを送ってくれて明日の午前には到着します。

そして、私の壊れたサーボモーターを送り返せば、後日修理費用が請求されてそれを支払って完了というシステムなのです。

つまり、私のサーボモーターは修理されてメーカーさんにストックされ、次にどこかでサーボモーターが壊れたという人のところに送られるということなのです。

よく考えられています。

ともあれ、作業をとめてしまわないように常に応急処置の準備は必要ですし、その知識も最低限必要なパーツも用意しておくべきなのでしょう。

機械は壊れるものなので、ちゃんと修理ができてこそその機械を使えていると言えるのかもしれません。

お知らせ

【お知らせ 1 】

昨年2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、2020年1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、2020年の4月18日のお知らせをご覧ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

オンラインによる打ち合わせにも対応させていただいております。

ZOOMやGoogle Meet などのビデオ通話を使用して打ち合わせをさせていただきます。

詳細は、こちらをご参照ください。


【お知らせ 4 】

期間&足数限定 出張計測費用かかりません☆プラン を試験的に実施します。

これは、新型コロナウィルスの影響で多くのお客様が靴のご注文のために私たちシューリパブリックの工房にお越しいただくのが難しくなってしっまったため、先にオンラインで打ち合わせをおこない、新型コロナウィルスが多少落ち着いたころにお客さまの元へお伺いし、足の計測をさせていただくというプランです。

今回は試験的に特別な費用はナシで実施させていただきます。

あまり頻繁に工房を空けられないので、足数が限定となります。
ご了承ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【お知らせ 5 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 

 
 





   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ