サンプルのギブソンブーツ製作レポート

カテゴリー: Samples:サンプル靴製作


もう、いつ始めたのか全然覚えていないくらいなのですが、少しずつ仕事の合間に製作を進めているギブソンブーツが、ウェルティング、ボトムフィラー、そしてだし縫いまで終わりました。

gibsonboots

この後はヒールを取り付けるのですが、ヒールに関しては昨日のブログでお伝えした通りレザーボードの積み上げを使い、いつも通りのダイナイトのトップピ-スを使います。

gibsonboots

カカトの高さはこれくらい?

いやいや、もっと低い設定です。

gibsonboots

このままの高さでヒールを取り付けると、結構前下がりの状態になってしまうので、もうあと1.5~2㎜くらいカカト側が下がるような設定にします。

それにしても、ギブソンブーツは本当に格好良いですよね。

単に見た目が格好世だけではなく、足をしっかりとホールドしてとっても快適に歩けるという機能面も優れていて、申し分のないブーツです。

gibsonboots

履く人から見た時は、こんな感じなのでしょう。

型押しの革を使っていてカジュアル感が強いので、つま先の形はややおとなしい感じのラストを選んでいます。

完成は近し。

お知らせ

★只今受付中の「幸運のラストワンプラン」は、こちらをご確認ください。

★最後のデュプイの革を使った企画「頑張った自分にご褒美企画2022」の受け付けをしています。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ