アフターコロナを考えてみる

カテゴリー: Message:伝えたいこと


じつは、つい先ほどまでモノタロウであれやこれやと必要なものを買っていまして、ブログを書き始めるのがすっかり遅くなってしまいました。

というのも、ウチの家内のクルマ(スイフト ZC72S)のオイル交換のことでいろいろと悩んでいまして、ウチの家内は近所の移動でよくクルマを使うのですが、気づいたらオイル交換のタイミングになっていました。

以前は、ディーラーのメンテナンスパックに入っていたので、点検のたびにオイル交換をしていたのですが、なぜか今回はメンテナンスパックに入らなかったようで(あまりはっきり覚えていないのですが)、オイル交換はその都度お願いするか、もしくはカー用品店に持って行ってやってもらうか、もしくは自分でやるかということになりました。

ディーラーさんに持っていけば、おそらく数千円でやってもらえると思うのですが、このコロナの時期にわざわざ出歩く用事を作るのもどうかということもあって、ちょっと頑張って私がやることにしまして、それに必要な工具と必要なパーツをモノタロウで探していたわけです。

と言っても、私は昔自動車関係の仕事をしていましたので、スイフトのパーツを品番から追って行ってどれが必要かを探すのはそれほど大変なことではありません。

それよりも、どこまで工具をそろえるか、KTCにしようかモノタロウブランドにしようか、もしくはAmazonオリジナルにしようか、そんなことでしばらく悩んでいました。

結局、今回はドレンボルトのパッキン、オイル処理の箱、エンジンオイル、そしてオイルエレメントはモノタロウブランドで、エアコンのフィルターもモノタロウで買いましたがこちらはデンソーのものを、そしてトルクレンチとカースロープはAmazonで買ってみました。

トルクレンチは、もっと早く買っておこうと思っていたのですが、なかなか買うタイミングを逃していまして、今回はドレンボルトを締めるのが久しぶりなので、ついでということで買ってみました。

思うに、費用的なことを言ってしまえば、ディーラーさんに持って行っても自分でやってもそんなに大きな違いはないのかもしれませんが、ディーラーさんに行く時間やこの時期に出歩くということを考えての判断なので、これがコロナの時期じゃなければディーラーさんにお願いしていたのかもしれません。

ともあれ、数日後に一式が届くはずなので、折を見てやってみることにします。

まだ温かい時期なので全然苦じゃありませんが、これが真冬だったら素人にはちょっと厳しいですね。


さて、余談がだいぶ長くなりました。

今日は、ちょっと材料などを買いに近所のホームセンターなどに行ってきたのですが、やはり新型コロナの新規感染者が日々増加しているとあって、以前ほどの人出はありませんでした。

ウチの中学生の娘の友達も、聞くところによればみんな家にいるようで、このままこんな日々が続いたら、どんなに運動不足になってしまうのだろうと心配になったほどです。

私自身、家の中でも結構動いていますし、毎日工房に行って作業をしているので、身体は動かしている方だと思うのですが、それでもホームセンターの中をあちらこちらと歩き回っただけで、思っていたよりも身体の重さを感じまして、最近は運動が足りていないことを感ました。

みなさん、運動していますか?

たくさん歩いていますか?

老化は足と歯からくると言われていますが、今みたいな外出を控えるような時期には、知らず知らずに足が退化してしまっているのではないかと心配になります。

モンキーブーツ

こちらは、私が今日履いていこうと思った靴と、実際に履いて言った靴です。

どっちがどっちかというと、履いていこうと思ったのがモンキーブーツで、実際に履いていったのが奥のサッカニーのスニーカーです。

スニーカーは、あくまでも私の個人的な考えでは、ある程度までなら軽くて快適なのですが、長時間歩いているとじわじわと疲れが蓄積されるような印象を持っています。

対する革靴は、履きなれていればずっと履いていても疲れないという印象があります。

というのも、革靴を履きなれている足というのは、おそらくすでに適度に鍛えられて足が良い状態になっているので、疲れにくいのだろうと思います。

昨今のコロナ禍で足腰が弱ってしまっている方もいらっしゃるかもしれませんが、今のうちからアフターコロナに向けて足腰を良い状態にしておいて、災いが去ったら外出を楽しめるように準備をしておきたいですよね。

アフターコロナに向けて足を革靴に慣らすことは、健康のためにもお勧めです。

お知らせ

【お知らせ 1 】

昨年2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、2020年1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、2020年の4月18日のお知らせをご覧ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

オンラインによる打ち合わせにも対応させていただいております。

ZOOMやGoogle Meet などのビデオ通話を使用して打ち合わせをさせていただきます。

詳細は、こちらをご参照ください。


【お知らせ 4 】

期間&足数限定 出張計測費用かかりません☆プラン を試験的に実施します。

これは、新型コロナウィルスの影響で多くのお客様が靴のご注文のために私たちシューリパブリックの工房にお越しいただくのが難しくなってしっまったため、先にオンラインで打ち合わせをおこない、新型コロナウィルスが多少落ち着いたころにお客さまの元へお伺いし、足の計測をさせていただくというプランです。

今回は試験的に特別な費用はナシで実施させていただきます。

あまり頻繁に工房を空けられないので、足数が限定となります。
ご了承ください。

今のところ、お伺いするエリアは関東の一都六県を予定しておりますが、スケジュール的に都合がつけば多少遠くても行けることもありますので、ご興味をお持ちいただいたお客様は是非お問い合わせください。

福島や長野、新潟も比較的行きやすいので、場所によっては可能になります。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【お知らせ 5 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 

 

























   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ