カカト周りのフィッティングのこと

カテゴリー: Message:伝えたいこと


靴を履いて快適に歩くためには、靴のカカトのホールドがしっかりしている必要があります。

靴のカカトには、スティフナーという芯が入っているのですが、この芯が丈夫でないと人間の体重を十分に支えられません。

スティフナーを押してみて、簡単につぶれてしまうようでは強度が不足です。

男性の力でも、簡単には歪まないくらいの強さが必要です。

ちなみに、いつも書いていますが私たちシューリパブリックの靴の場合、厚さ約2ミリの革を2枚使って芯を作り、

それを水溶性の接着剤で固めています。

どれくらいの硬さなのかは、ぜひ実物をご覧になってみてください。

このように、ちゃんと快適に歩くためにはしっかりとカカトをホールドする必要があるのですが、

既製品の靴を選ぶ場合には、いくらスティフナーがちゃんとしたものであっても、もうひとつ見落としてはいけない点があります。

それは、足のカカト周りの形状です。

簡単に言ってしまえば、どんなに良い靴でも足に合っていなければ快適に歩くことができないわけで、

上の写真のラストのお客様は、最近多いタイプの典型的な形をされています。

その特徴は、

ここです。

標準的な靴のラスト(木型)は、定規のラインとまでは言いませんが、ある程度この部分は直線的な形になっているのに対し、

このお客様のラストは、ラストと定規の間に隙間ができています。

これは、足に筋肉がついて前のほうが広くなっているのではなく、足のセンターが完全に内に寄ってしまっていて、

通常であれば足のセンターラインは直線的であるのに対し、このお客様の場合は足のセンターラインが、

右足なら「く」の字に、左足なら反転した「く」の字になってしまっています。

そのことが良いとか悪いとかいうのではなく、そういうタイプの方も結構たくさんいらっしゃって、

でもそのような方々は既製品の靴だと上の写真のように隙間が空いてしまって、カカトをしっかりとホールドすることができません。

さらに、ご自身で自分がそういう形の足であることに気づいていらっしゃる方は思いのほか少なく、

足の計測の結果をお伝えして気づいてくださることが多いように感じます。

既製品の限界といってしまえばそれまでの話なのですが、

そういう方にこそ足に合った靴を履いていただきたいわけで、

ご自身の足がそうかも?と思う方も、いや、そうではないと思う方も、ぜひ一度足の計測をしてご自身の足のことを正しく理解していただきたいのです。

ほんのちょっとしたアドバイスで、フィッティングが改善して足が健康になることもありますし、その影響で身体の調子が良くなることもあります。

私は明日、早朝に出発して長野市のIVY PRODUCTSさんに向かいます。

11時から19時までIVY PRODUCTSさんにお邪魔して、お客様の足の計測をさせていただく予定です。

ご予約は不要です。

タイミングによっては少々お待ちいただくこともあるかもしれませんが、ぜひこの機会にお越しください。

ご自分の足を正しく理解して、正しい靴選びや正しい靴の調整を知って、快適に歩きましょう。

お知らせ

【 お知らせ 1 】

6月2日(日)に、長野市のIVY PRODUCTSさんにお伺いする予定です。

11時のオープンから19時のクローズまでずっとおりますので、足の計測をご希望の方、靴のオーダーをご希望の方、

靴のことに関してご質問のある方、そのほか特に用事がないけど興味があるという方、是非お気軽にお越しください。

IVY PRODUCTSさんの住所は、 長野県長野市南長野1070 です。

連絡先は、026-477-2530 です。

【 お知らせ 2 】

6月8日(土)に、Rifare恵比寿店さんにてイベントを開催いたします。

Rifare恵比寿店さんでは、久しぶりのイベント開催です。

お近くの方、ぜひお気軽にお越しください。

【 お知らせ 3 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 

 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ