電力需給ひっ迫と環境問題 and so on

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


ラジオのニュースを聞いて驚きました。

電力需給ひっ迫により、ブラックアウトを避けるために停電が起こるかもしれないとのこと。

先日起きた福島県沖を震源とする大きな地震のために火力発電所を停止していることと、今日の悪天候による電力需要の増加が原因とのことですが、普段当たり前のように電気やガス、水道が供給されているので、今回のニュースは本当に衝撃的でした。

停電といえば、11年前の東日本大震災の時に突然の地震と共に電気が止まってしまい(まだ私が住んでいるところはそれだけで済んでよかったのですけど)、アウトドア用のランタンを出してきてガスでご飯を炊いておにぎりを作って食べたのを思い出します。

私が物心ついてから停電する事なんでよほど激しい雷が鳴った時くらいで、それでもほんの数十秒程度で普及するのが当たり前でしたから、地震で数時間にわたって停電するというのはテレビのニュースの中の話でしかなく、実際に自分にそういうことが起こっているということ自体がショックでした。

もちろんもっともっと大変な環境に置かれた方々がたくさんいらっしゃったのを知っていますから、私に起こった停電なんて大したことではありませんし、そんなことでいちいちショックを受けていたら何もできないと言われてしまうかもしれません。

ともあれ、今日の件は今のところ私が住む地域では停電はなく、無事に過ごしています。

そんなわけで、突然に停電してしまっては困るので、仕事を少々早めに切り上げて、万が一停電したときのためにバッテリーとLEDランプを用意しました。

バッテリー

LED

我が家にはこのほかにもモバイルバッテリーやポータブル電源がありまして、とりあえずスマホを充電するには十分な電源を確保しています。

じつは私はバッテリー好き、ではなくもし万が一のためにいろいろと準備をしておくのが好きなのです。

最近のバッテリーは昔のヤツに比べて非常に性能が良くなっていて、小型で高性能になっています。

さらに、充電回数が劇的に多くなっているものも発売されています。

ただ、スマホにしてもクルマのバッテリーにしても、私のリチウムイオンバッテリーにしても、充電できる回数は決まっていて、使っていれば必ず性能が低下してきてそのうち使えなくなってしまいます。

仕方ないことです。

それに関連した話で、中国ではここ最近EVの普及が進んでいて、それに伴ってバッテリーの大量廃棄が社会問題になっているというニュースを見ました。

よく言われるのは、環境に優しいEVだから購入するという方も多いのに、実際にはそのEVのバッテリーを作るところから廃棄するところまでを含めて考えると、果たして本当に環境に優しいのかわからないということ。

電気を発電するにもそれなりに化石燃料を使っている部分もあるわけで、これが良いのかどうか迷うところです。

ただ、今後のより優れたシステムに発展するための途上と考えれば、存在意義はあるわけですが。

環境問題だけじゃありませんが、世の中にある問題において誰もが解決したいと思っていて、それに対して良かれと思う意見を述べようとしているのに、実は私たちが知らされている情報はそれらのほんの一部を切り取られただけであり、真相は全く分からないということがたくさんあるようで、そうなってしまうと意見を言いたくても言えなくなってしまいます。

所詮私たちは素人で、何かを議論しようとしてもそのすべてを知りえるのはなかなか困難なことなんですよね。

そう考えると、伝える側の責任は非常に重いわけです。

真実をわかりやすく伝えなくてはいけないこと、私たち靴の専門家にもそれは言えることです。

私自身も、足に合わせて製作したオーダーメイド靴は非常に履きやすいとか疲れにくいとか心地よいなどということをお伝えしてきていますが、本当に必要としている方々にちゃんと伝えなくてはいけませんし、ちゃんと理解していただかなくてはいけないのです。

分かりやすく伝えるとすれば、

① オーダーメイドの靴は、ご注文いただいてからお客様のために製作するので、製品の廃棄がなく非常に環境に対する負荷が少ないと言えます。

② オーダーメイドの靴は、そのほとんどの工程を手作業で行いますので、製作におけるエネルギーの消費が比較的少なくなります。

③ オーダーメイドの靴は、そのつくり手の考え方によって出来上がってくるものが全く異なりますので、作り手の考えを良くご理解ください。

④ オーダーメイドの靴は、少量生産となりますので、大量生産の効率の良さにはかないません。

⑤ 私たちシューリパブリックのオーダーメイド靴は、道具として使っていただくことを目的としています。快適に履いて生活をするための道具です。

⑥ そして、作り手である私は、お客様が私たちの靴を履いてちょっとでも豊かに感じていただけることをうれしく思います。

今日は、まとまらない話になってしまいましたが、心配事がなるべく少ない平和な日が続いてくれることを願っています。

お知らせ

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。














 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑トップへ