水の話

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


今日も私たちシューリパブリックの工房は夏季休暇中です。

せっかくのお休みなので、今日は靴とは関係ない話を書こうと思います。

私は、靴のほかにもいろいろと好きなものがありまして、どこか遠くの知らない町にドライブに行ったり、キャンプをしたり(ここ最近はできませんが)とか、自転車で散策をしたり、カメラをもって散歩をするなど、どちらかというと外に出るようなことが好きなのですが、

その反面、コツコツと何かを作ったり(それが靴作りにつながっていると思います)、突然思い立って料理をすることも結構好きです。

料理は、作ることよりも道具をいじるという感覚で楽しんでいます。

さらには、クルマつながりでトミカを買ってそのクルマに乗ってどこかに行ったつもりになったり、ちょっと高級のフォークとスプーンを買っておいしいものを食べたつもりになったりするなど、ちょっと人には理解してもらえないような楽しみもあります。

そしてもうひとつ、それは水を飲むことです。

水を飲むと言っても、ただ単に水道水をがぶがぶと飲むのではなく、各地の水の味や香りの違いを楽しみながら飲むのです。

日本中に水がおいしいと言われているところがありまして、最近だとその土地で採取した水が販売されていたりしますが、私の勝手な感覚だとペットボトルに詰められて時間がたってしまうと水本来のおいしさがなくなってしまうような気がしています。

確かに海外のブランドの水と南アルプス天然水とでは味が違うような気がしますが、おそらくどちらも採水したばかりならもっとおいしいのだろうなぁって思っています。

昔務めていた会社の部長がなかなか名言を言う人で、

「自分が生まれ育った土地の水が一番おいしい。」

のだそうです。

確かに、私もそれは同感です。

しかしながら、何とかの名水というところに行って実際に湧き出している水を飲んでみて、本当においしいと思ったことが何度かあります。

山梨県の白州の水や、栃木県の田沼から旗川沿いを上がっていったところの水くみ場、あとは日光の湯本キャンプ場や長野市の飯綱高原キャンプ場の水も、とってもおいしかった記憶があります。

そのほかだと、新潟県の十日町に行ったときに飲んだ水や、静岡県三島市の富士山の湧き水、そして私が住んでいる埼玉県加須市のお隣の茨城県古河市のある地域のお水もとてもおいしかったです。

そんな汲んだばかりの水でお湯を沸かしてコーヒーや紅茶を淹れたらとってもおいしいでしょうね。

郡上の水

こちらは、やはりおおいしい水で有名な岐阜県の郡上の水です。

私は詳しいことはわかりませんが、もしかしたらペットボトルだと充填する際に殺菌などをしてあるかもしれませんから、本来のおいしさとはちょっと違うかもしれませんし、どうしても時間がたってしまっているのでちょっと残念なのですが、郡上の水も汲みたてはとってもおいしいのだろうと思います。

日本国内でも水は地域によってちょっとずつ違っていて、本当においしいものもたくさんあります。

私は、出かける時には必ずシェラカップを持っていっていまして、本当はステンレスだと金属のニオイが出てしまうので陶器の方が良いのですが、実用性を考えてステンレスのシェラカップでおいしい水に巡り合えれば味見をしています。

利き水なんていうほどのことはできませんが、水の微妙な違いを感じることができたりして、なかなか楽しいものです。

お知らせ

【お知らせ 1 】

昨年2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、2020年1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、2020年の4月18日のお知らせをご覧ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

オンラインによる打ち合わせにも対応させていただいております。

ZOOMやGoogle Meet などのビデオ通話を使用して打ち合わせをさせていただきます。

詳細は、こちらをご参照ください。


【お知らせ 4 】

期間&足数限定 出張計測費用かかりません☆プラン を試験的に実施します。

これは、新型コロナウィルスの影響で多くのお客様が靴のご注文のために私たちシューリパブリックの工房にお越しいただくのが難しくなってしっまったため、先にオンラインで打ち合わせをおこない、新型コロナウィルスが多少落ち着いたころにお客さまの元へお伺いし、足の計測をさせていただくというプランです。

今回は試験的に特別な費用はナシで実施させていただきます。

あまり頻繁に工房を空けられないので、足数が限定となります。
ご了承ください。

今のところ、お伺いするエリアは関東の一都六県を予定しておりますが、スケジュール的に都合がつけば多少遠くても行けることもありますので、ご興味をお持ちいただいたお客様は是非お問い合わせください。

福島や長野、新潟も比較的行きやすいので、場所によっては可能になります。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【お知らせ 5 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 













   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ