女性用のサンプル靴作成レポート

カテゴリー: Samples:サンプル靴製作


私たちシューリパブリックの工房には、サンプルの靴がいくつか並べてあるのですが、気が付けば女性もののサンプルがありません。

女性のお客様も結構多いのに、どんな靴ができるのかを説明するためのサンプルがないというのは、ちょっと問題です。

そんなわけで、今回は女性用の靴のサンプルを作ることにしました。

デザインや仕様を決め、製作スタートです。



今回は、このラストを使います。

シューリパブリックで女性用として使っているSRLAというラスト。

サイズは、5 1/2です。

次の工程のパターンを作るために、このラストにテープを巻いて、センターで二つに割ったのがこちら。

テープ型と呼ぶ人もいます。



私は、パターンを作る際に右足を使っています。

上側の半分がラストの内側で、下側の半分がラストの外側です。

テープをはがした状態のものは、ラストと同じく立体なので、それを上手にクセをとって平面にします。

これらを使って、各パターンの元となるスタンダードフォームを作るのですが、

靴は立体なのにパターンは平面なので、そのあたりの変換の良し悪しも靴の出来の良し悪しに影響を及ぼします。

   
こちらがスタンダードフォームです。

今回は、プレーンのオックスフォードを作ることにしました。

何となく、靴の雰囲気が感じられるようになりました。

テープ型からスタンダードフォームに至るまでは、けっこう大変な作業があると思いきや、これはそれほど大変ではありません。

決められた法則や数値に従って線を引いて行けば、こんな感じに仕上がります。



そして、パターンが出来上がりました。

黄色の紙が表側のパターンで、サーモンピンクの紙がライニングのパターンです。

オックスフォードの場合に限らず、イギリス靴のパターンはほぼ表のパターンとライニングのパターンが似ているけれど微妙に異なります。

それは、足に硬い部分が当たらないように表のライニングのハギの位置を6ミリくらいずらすとか、

トリミングのしろであったり、芯が入る部分のことを考えた調整であったりと言ったところです。

ハンドソーンウェルテッドの靴の場合、作業時間的に見るとここまででまだ全体の5分の1とか6分の1程度です。

まだまだ先は長いです。

続きは、また後日お伝えいたします。

お知らせ

【お知らせ 1 】

★★★今年も under-29企画受付中、12月27日(日)まで受付します★★★

under29受付中

只今、数量&期間限定の企画商品として、Under-29と称しまして大変お買い得なチャッカブーツのご注文を受け付けています。

仕様や革、デザインはお選びいただくことができません(ラストは選択可)が、靴とラストのセットで110,000円(税込み)というお求めやすい価格で販売しています。

製法は、いつものオーダーメイド靴と同じハンドソーンウェルテッド、デザインはチャッカブーツ限定です。

シューリパブリックのハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のエントリーモデルとして、最適な商品です。

詳しくは、11月3日の記事をご覧ください。

ご注文は、12月27日(日)までとさせていただきます。

ぜひ、この機会にお試しください。

【お知らせ 2 】

企画商品の「旅チャッカ」の受付が始まりました。



※写真はあくまでもイメージです。

この企画は、出張や旅行などで出かけられる際に、通常でしたらスペアの靴を持って行かなくてはいけないところを、インソールを交換することでこの1足で乗り切れるという仕様の靴です。

出張や旅行など、泊りでお出かけの多い方にお勧めの靴です。

製法は、ブラックラピド製法にて製作いたします。

革は、こちらで指定した黒の革のみです。

価格は、ラストは別で 74,000円(税別)です。

より道具のように履いていただける靴です。

ぜひ、ご検討ください。

ご注文期間及び数量限定です。

期間は2月末日まで、受注予定数はあと6足です。

詳細は、12月17日のブログをご参照ください。


【お知らせ 3 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 4 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 5 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。
















   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ