納品待ちのオックスフォード

カテゴリー: Products:お客様&靴フォト


今日ご紹介するのは、納品待ち中のYさんのオックスフォードです。

ご都合でお越しいただくのが少し遅れているため、ご紹介させていただくことにしました。

まずはご覧ください。

オックスフォードシューズ

Yさんは、ちょっと足の幅が広めなのですが、シュッとして見えるようにというご要望をいただきまして、こんな感じに仕上がりました。

そのほかにも、キャップは少し小さめで、クラシカルな雰囲気を好まれるようです。

お話をうかがっていると、とっても靴がお好きなようで、昔からたくさんの名だたる靴を履いていらしたそうです。

オックスフォードシューズ

じつはこの靴は標準仕様のハンドソーンウェルテッドではなく、ブラックラピド製法で作ってあります。

そう言われても、外観からは判断するのがちょっと難しいかもしれませんが、細かいところを見れば普段から靴を作っている方にはわかるかもしれませんね。

ハンドソーンにはハンドソーンの良さがあり、ブラックラピドにはブラックラピドの良さがあります。

製法の違いは、方向性の違いです。

オックスフォードシューズ

私は、この角度から見るのがオックスフォードにはベストショットだと思います。

かなりの広角レンズで撮っているのでキャップが実物よりも大きく見えますが、数値的には2ミリほど小さくなっています。

たしかに、これくらいのバランスの方がクラシカルで格好良いです。

Yさん、ご都合がついたらご連絡くださいね。

それまで、しっかりと大切に保管させていただきます。


お知らせ


初めて靴をオーダーする方にピッタリな企画「集まれ!Freshers」は、まだまだ受付中です。

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

私たちは、埼玉県の基準に則った感染対策をして、お客様のお越しをお待ちしております。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ