今年も「旅チャッカ」の企画を準備中

カテゴリー: Message:伝えたいこと


余談ですが、皆さんは神戸の南京町(中華街)にある「アジアン食堂バルSALA」というお店をご存じですか?

私はテレビ番組の「7rules」で知って大変興味を持ちまして、その後神戸に出張に行った際に立ち寄ってきました。

コロナよりも前ですので、もう数年前のことになります。

SALAは、ざっくり言ってしまえば、アジアから日本に来た女性たちが何らかの理由で世の中から離れて生活している状況を見た現在の店長が、これはいかんということでそんな女性たちがシェフとして活躍できる場を作ろうと始めた食堂です。

その後、SALAはいろいろな手段を使って情報発信をしていまして、私もフォローさせていただいています。

そんなSALAは、度重なるコロナの波にもスタッフの皆さんと共に立ち向かい、あの手この手を使ってこの大変な時期を乗り切っています。

そんなあの手この手がとても興味深く、私も大変参考にさせていただいています。

つい昨日、ここ最近の動きをnoteに投稿されていましたので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

コロナの騒動の中で、飲食業といえば最も被害を受けた業種のひとつだと思いますが、そんな状況でもしっかりと前に進んでいます。

学ぶべきことがたくさんあって、本当に頭が下がります。


さて、私たちシューリパブリックでは毎年この時期に企画商品として「旅チャッカ」という、旅行や出張に特化した仕様のチャッカブーツを期間&足数限定で受注しています。

これまでに何度も販売しているので、今日はあまり詳しくお伝えしませんが、コンセプトとしては先ほどもお伝えしました通り旅行や出張などの際に何足も靴を持っていくのが大変なので、その期間を1足で乗り切れる靴というチャッカブーツです。

製法がいつものオーダーメイドのハンドソーンウェルテッドではなく、ブラックラピド製法で作っています。

また、基本的にはオーダーメイドの商品なので、お客様の足に合わせてラストの調整もしますし、パターンも1足ずつベストな状態で作ります。

このあたりのご説明は、後日また改めてご案内させていただきます。

今日は、今年のモデルで使用する革をお知らせいたします。

革

今年のモデルは、こんな革を使うことにしました。

革

小さなシボのあるシュリンクの革(ステア)です。

色は黒のみ。

革

シュリンクの革は、一般的なスムースの革に比べてキズが目立ちにくいことや、革そのものがしなやかなので優しい履き心地になるという特徴があります。

旅チャッカは前から欲しかったという方、ぜひこの機会にご検討ください。

受付期間など、後日お知らせいたします。


お知らせ

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。








   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑トップへ