オールドイングランド

カテゴリー: Leather:革入荷情報


昨日、宮城県から来てくださった若いご夫婦が、定義山の油揚げの話をされていて、

とっても気になってあとで調べてみたところ、

私が知っている栃尾の油揚げとはまた違って、とてもおいしそうでした。

サンドイッチマンの伊達さんも好きなようで、いま無性に油揚げを軽くあぶって醤油と薬味をかけて食べたい気分です。

 

それから、最近遠方のお客様からご連絡をいただくことが多くなっていまして、

「こちらに来る予定はありませんか?」

という方も何人かいらっしゃるのですが、

まず、長野市は3月3日(土)と4日(日)に行く予定です。

長野市のIVY PRODUCTSさんにて足の採寸会&オーダー会のイベントを開催します。

ワークブーツなどを製作しているトンリョウさんとジョイントで開催いたしますので、靴を見てみたいとか、ちょっと話を聞いてみたいというお客様、

もしくは靴や足に関してトラブルを抱えていらっしゃる方、お気軽にお越しください。

シューリパブリックの靴をオーダーしたいと考えていらっしゃる方には、わざわざ埼玉県の工房までお越しいただかなくても、このようなイベント会場でオーダーしていただけますし、

今回のIVY PRODUCTSさんでのイベントでは、私どもの工房でご注文いただくのとさほど変わらない価格でオーダーしていただけます。

ぜひ、この機会をご利用ください。

そのほか、今後は新潟にも行きたいですし、岐阜や福島にも行ってみたいと思っています。

じつは、裏メニューとして3足オーダーで出張費用ナシでこちらからお伺いするというプランがあるのですが、

お友達と合わせて3足でも良いですし、

さらには、例えば・・・、

「私は新潟県在住だけど、今回は1足だけオーダーしたいので、ほかに誰か希望する人が出てきて合計で3人になったら、その時に来てください。」

という感じで、3足まとめてはちょっと厳しいけれど1足だけオーダーしたいので待つよ・・・というご連絡でもOKです。

お伺いする際には、どこかホテルのロビーなど打ち合わせに使えそうな場所を探しておきます。

ぜひ、ご検討ください。

 

さて、今日ご紹介するのは、私のモンキーブーツでも使っているオールドイングランドという革です。

オールドイングランド

私たちがずっとメインで使っていたブガッティと同じタンナーさんの製品ですが、ブガッティに比べてちょっと小さく、でもちょっと厚くてしっかりした感じの革です。

半裁で120デシくらいの革なので、肌目は非常にキレイです。

ブガッティよりも小さい革となると、もっと薄くて柔らかい革となるのが普通なのですが、

この革は厚くてカッチリしています。

それだけ良い生地を使っているということなのでしょう。

オールドイングランド

生地の良し悪しは、まぁだいたい革の裏側を見るとわかります。

そんな性格の革ですので、守備範囲がとっても広く、非常に使い勝手の良い革です。

たとえば、ビジネスシューズを作ろうと思えば、肌目がきれいなのでベーシックなオックスフォードやギブソンシューズもきれいに仕上がりますし、

カッチリしているという特徴を生かして、私のようにあえてカジュアルな雰囲気のモンキーブーツを作るというのも良いでしょう。

ギブソンブーツやチャッカブーツも良い感じに仕上がりそうです。

もし、カジュアルな雰囲気に仕上げるのであれば、Lストームウェルトやセミダブルソールなど、細かい仕様でカジュアルさを出すのも良いですし、

もしくは、フルブローグなどデザインでカジュアルな雰囲気を出すのも良いと思います。

オールドイングランド

黒い革はごまかすことができないと、よく革屋さんが言っていまして、

ほかの色の革なら、ちょっとくらい生地が良くなくても色の乗せ方や表面の処理で良く見せることができますが、

黒い革は生地の状態がそのまま出てしまうため、今後はさらに良い革と言えるものを入荷することが難しくなります。

このオールドイングランドが入荷したころは、そろそろ良い革がなくなると言われ始めたころで、

その時にちょうど生産が終わってデッドストックとなったこのオールドイングランドを、革問屋さんにあるだけ買ってきたのです。

なので、もうこのような革が入荷するという確約ができません。

もし、しっかりとした革で永く履ける黒い靴を作っておきたいと思っていらっしゃるのであれば、

是非お早めにこの革のお取り置きのご連絡をお願いいたします。

私のモンキーブーツは、もうそろそろ8年くらいになりますが、キズはあるものの靴の状態はなかなか良いです。

オールドイングランドで作った靴を永くご愛用頂く秘訣は、月に1度以上しっかりと栄養補給のデリケートクリームを塗っていただくことです。

古くなってくると、表面が乾燥しやすくなりますので、そこを補ってあげてください。

革としては非常に丈夫で、安心の履き心地を提供してくれるものです。

私個人的には、とっても好きな革です。

 

お知らせ

3月3日(土)4日(日)には、長野市のIVY PRODUCTSさんにてイベントを開催いたします。IVY PRODUCTSにて開催するイベントは、今回が初めてとなります。足の計測、オーダーメイド靴のご注文をお受けするほかに、実際に靴を製作するパフォーマンスなども行う予定です。長野初のイベントですので、長野の皆様に仲良くしていただけるよう楽しいイベントにしたいと考えています。ぜひお越しください。

3月18日(日)には、自由が丘のRifare自由が丘店さんにて、恒例の「足の計測会&靴のオーダー会」のイベントを開催します。都内や神奈川県にお住いの方、ぜひいらしてください。

4月21日(土)には、大阪北堀江のRifare大阪店さんにて、恒例の「足の計測会&靴のオーダー会」のイベントを開催します。大阪近郊にお住いの方、ぜひいらしてください。

4月22日(日)には、神戸三宮のSUNさんにて、シューリパブリックのハンドソーンウェルテッドの靴のオーダー会を開催いたします。神戸近郊の皆様、ぜひお越しください。

⑤出張用の靴のご注文を受け付けております。受付期間は、2月末日までです。

どのイベントも、オーダーするしないにかかわらず、靴に興味があるとか、靴のフィッティングに問題を抱えているとか、とにかく作り手である私たちに質問を投げかけたり、相談したりということも大歓迎です。
もしかしたら一緒に問題を解決ということになるかもしれませんが、何かしらお役に立てるのではないかと思います。
おばあちゃんが、ご近所のおうちの縁側にお茶を飲みに行くような感覚で、ぜひお気軽にお越しください。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ