靴ヒモの役割

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


ときどき、お客様の中で靴ヒモをかなり緩く締めている方がいらっしゃいます。

靴ヒモって、本来はしっかりと締めることで靴を快適に履くことができるのですが、どうしても締められるのが嫌だったり、それまでにクセだったり、何らかの理由で締めることを嫌う方がいらっしゃいます。

お客様のお好みなので、あまり細かいことは言いませんが、でも嫌でなければ靴ヒモはなるべくしっかりと締めていただきたいのです。

それは靴屋として真面目ぶっているのではなく、本当に靴を快適に履けるからなのです。

それって、多くの方が勘違いをしていることが多いので、その理由をざっとお伝えしたいと思います。

どうして靴ヒモをしっかりと締めたほうが快適なのかというメカニズムですが、



靴は横から見るとだいたいこんな形をしています。

つま先のほうはまぁだいたいフラットで、甲の辺りからシルエットが立ち上がっています。

実際に足がそういう形をしているので、何の不思議もありませんよね。

では、靴を上から見てみると、



だいたいハネの先端当たりがジョイントと言われて、靴が屈曲するポイントであり、靴の幅が最も広いところです。

お客様の足を計測する際には、ジョイント=屈曲点ということでお伝えしています。

そして、いくらオーダーメイドの靴と言えども、そもそもが靴ヒモをしっかりと締めて履くことを想定して設計しているため、

靴ヒモを緩く締めて履いてしまうと、歩くときに足が靴の中で前にズレてしまいます。

そうなると、1枚目の写真で見ていただいた通り、足が前に出ると甲が当たって当たった甲が痛くなってしまいます。

また、2枚目の写真で見ていただいたところでは、足が前にズレると靴の幅が狭くなっているため、小指や親指が狭いところに挟まる結果となり、

結局は親指や小指が痛くなってしまいます。

実際にそのような事例がありまして、あるお客様から靴を履いていると甲が痛くなるので見てほしいと言われ、実際の様子を確認したところ、靴ヒモがかなり緩く、歩くたびに足が前にズレて甲が当たっていたということでした。

そのことをお客様に説明して試しに靴ヒモをしっかりと締めて歩いていただいたら、

それまでと比べて全然履きやすくて歩きやすくなったとおっしゃっていました。



靴ヒモは、靴の中で足が動かないようにしっかりと締めて足をホールドするためのものなので、ぜひしっかりと締めて靴を履いていただきたいと思います。

しっかりと締めていただけると、単に痛くないだけではなく、靴の中で足がズレないことで余計な摩擦熱が発生しないので靴の中が熱くならないとか、

靴の中で足がズレないので、足が受けるストレスが減って余計な汗をかかないというメリットもあり、

その結果として靴の中が臭くなりにくいということもあります。

さらに、靴ヒモをしっかりと締めることで靴と足が一体となり、歩きやすくなるというメリットもあります。

ぜひ、これはお試しいただきたいと思います。

ただし、締めすぎるのは足にとってダメージになってしまうこともありますので、適度な締め具合でお願いします。

お知らせ

【お知らせ 1 】

★★★今年も under-29企画、受付中です★★★

under29受付中

只今、数量&期間限定の企画商品として、Under-29と称しまして大変お買い得なチャッカブーツのご注文を受け付けています。

仕様や革、デザインはお選びいただくことができません(ラストは選択可)が、靴とラストのセットで110,000円(税込み)というお求めやすい価格で販売しています。

製法は、いつものオーダーメイド靴と同じハンドソーンウェルテッド、デザインはチャッカブーツ限定です。

シューリパブリックのハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のエントリーモデルとして、最適な商品です。

詳しくは、11月3日の記事をご覧ください。

ぜひ、この機会にお試しください。

【お知らせ 2 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 3 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 4 】

来たる12月5日(土)と6日(日)に、長野市のIVY PRODUCTSさんにて靴のオーダー&足の計測会のイベントを実施する予定です。

日頃から、靴が合わないとか靴を履いていると足が痛くなってしまうという方、もしくはご自分の足の特徴や正しいサイズを知っておきたいという方、ぜひこの機会にお越しください。

また、ご希望であれば私たちシューリパブリックのオーダーメイド靴のご注文も承ります。

IVYPRODUCTSさんは、長野駅からも善行寺からも徒歩圏内です。

詳細に関しましては、IVY PRODUCTSさんに直接お問い合わせください。

皆様のお越しをお待ちしております。


【お知らせ 5 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 





 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ