靴とねじれ剛性

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


今日は、こちら埼玉県の加須市でも今シーズン初めての雪となりました。

都内ではすでに2度ほど雪がちらついたそうですが、その時はこちらは降らなかったようです。

今シーズン初めての雪なので、ちょっと期待していましたが、

結局は道路に積もることはなく、公園の芝の上やポストの上などに少し積もっただけで、いつの間にか勢いもなくなりこのまま止んでしまうのでしょう。

関東地方に雪が降るのは南岸低気圧と上空の寒気との兼ね合いだそうですが、

確かに都内に比べると3度くらい寒いけれど、南岸低気圧がよほど強力じゃない限り埼玉県の北部まで大雪になることはなさそうです。

雪が見たければ、雪の降る所に行けばよいわけで、

ここで待たなくても良いということなのでしょう。

だいたい、日頃から雪に慣れていない地域なので、

雪がたくさん降ると交通はマヒするし、雪の捨て場がないし、

困ったことのほうが多いです。

やっぱり普通が一番です。

さて、私はクルマで出かけるのが好きで、遠くまで運転していくことも多いのですが、

そんな時に感じるのはクルマの車体の剛性がとっても重要だということです。

以前に乗っていたクルマは、車体の剛性が低く走っているとあちらこちらでミシミシ言っていて、

おそらく理由があってそうしたのでしょうけれど、

でも長時間運転していると変なところで筋肉を使っているようで、

知らず知らずに疲れていました。

思うに、車体の剛性が低いとサスペンションで受け止めることができる衝撃がより多く車体全体にまで影響を及ぼすことになり、

身体も揺さぶられて知らないうちに筋肉を使っているのでしょう。

もちろんクルマのサスペンションに関してはもっと奥が深いはずで、一概にそれだけで解決できることではないと思うのですが、

比較するのであれば、(極論は除いて)車体の剛性の高い車のほうが疲れにくいはずですし、対処もしやすいはずです。

似たようなことが靴にも言えて、

歩いているときに靴自体の剛性が高いものは、外からの衝撃をしっかりと受け止めることができますが、

靴の剛性が低くて簡単にねじれてしまうようなものでは、衝撃が足に伝わったり、もしくは靴自体がねじれてしまうのを足が受け止めたりして、

歩く際に足により負担がかかってしまい、短時間なら良いですが長時間履いていると疲れてしまいます。

そのような理由から、私たちシューリパブリックでは靴のねじれ剛性を意識的に高めるような作り方をしています。

どのデザインもそうなのですが、敢えてウェスト(土踏まず)の部分を絞らず、

十分な幅を持たせると同時にいろいろと細工を施して強度を上げています。

靴の世界では、ウェストを絞ることが格好良いとかエレガントに見えるという風潮があるのですが、

私たちシューリパブリックの靴はその真逆を行っています。

かと言って、見た目をまったく無視しているわけではなく、

土踏まずの部分は無難なラインで、

外側は適度に絞ってあります。

おそらく、ビスポークの靴の中ではウェストがあまり絞られていないほうだと思うのですが、

長時間履いて疲れないことを目的としている結果ということで、

いかにもビスポークじゃないところも、これはこれでよいと思います。

お知らせ

【 お知らせ 1 】

3月2日(土)と3日(日)に、長野市のIVY PRODUCTSさんにお邪魔して、恒例のイベントを開催します。

今回も、足の計測をさせていただいたり、ご希望の方がいらっしゃればオーダーメイドの靴のご注文を承る予定です。

詳細が決まりましたら、また改めてお知らせします。

【 お知らせ 2 】

3月17日(日)に、自由が丘のRifare自由が丘店さんにおいて、イベントを開催します。 

詳細は、また改めてお知らせいたします。

【 お知らせ 3 】

4月13日(土)に、大阪梅田のRifare大阪店さんにて、店舗移転後初のイベントを開催します。

詳細は、また改めてお知らせいたします。

【 お知らせ 4 】

4月14日(日)に、神戸三宮のSUNさんにお邪魔して、皆様の足の計測をさせていただきます。

SUN×シューリパブリックで今後新企画の靴の発売を予定していますが、それに先駆けてご自分のサイズをご確認いただくための計測です。

ご注文の予定の有無にかかわらず、お気軽にお越しください。

詳細は、また改めてお知らせいたします。

【 お知らせ 5 】

旅行用チャッカブーツ(ブラックラピド製法)は、まだまだ受付中です。

今年の仕様は、黒のガラスレザーを使って、質実剛健度をアップしています。

インソールを取り外すことができ、インソールを交換することで数日間続けて履くことができます。

スペアのインソールが1足分ついて、79,920円(税込み、ラストをお持ちでない方は別途ラスト製作費用が必要)です。

【 お知らせ 6 】

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ