休日は盆栽とリスを堪能

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


今日は水曜日なので、私たちシューリパブリックの工房はお休みです。

かねてから盆栽好きのウチの家内が、ぜひ大宮にある盆栽美術館に私を連れていきたいと言っていたので、二人でのんびりと行ってきました。

ちなみに、私は盆栽をはじめとしてあまり植物には興味がありません。

興味がないので、興味がないなりに楽しんできました。

難しいことはわかりませんからね。

盆栽美術館

こちらが盆栽美術館の入り口。

この裏側に駐車場がありまして、ウチの家内曰くいつも空いているとのこと。

ちなみに、なぜ私が植物に興味がないのかと言いますと、花や木の名前が全く分からないから。

花を見れば全てバラと言うほどでしたが、最近は梅と桜の違い程度ならわかるようになりました。

家庭菜園を始めてから、野菜もだいぶ詳しくなりましたし。

今日、盆栽美術館にあった盆栽たちです。

盆栽美術館

エントランスには、こんなふうに上品な盆栽が展示してありました。

では、撮ってきた写真を並べてみます。

ご興味がある方はごゆっくりご覧ください。

ご興味がない方は、下の方へスクロールしてさい。

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽は、少し腰を低くして見上げるくらいで見るのが良いと教えていただきました。

さて、盆栽を堪能した後はリスがいる公園に連れて行ってもらいました。

盆栽美術館

リスが放し飼いにされている檻があって、その中に入ることができます。

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

盆栽美術館

ペットショップなどで売られているリスは見たことがありますが、こんなに近くでリスを見るのはたぶん初めてです。

リス

こちらにお尻を向けて一生懸命に穴を掘っている子もいました。

盆栽美術館

ここは結構広くてのんびり散歩ができそうな公園で、おじいちゃんとおばあちゃんがシートを広げてお弁当を食べていたり、お母さんと子供が散歩に来ていたりといったかんじで、なかなかほのぼのとした良い雰囲気の公園でした。

今日の移動は基本的にクルマでしたが、目的地についてたくさん歩きまわるのでチャッカブーツを履いていったのですが、歩きながらいろいろと思うことがありました。

おそらく多くの方が散歩をするなら、もしくはたくさん歩くのならスニーカーの方が良いと思っているかもしれませんが、靴屋からすればそれがすべて正解という訳ではないのです。

スニーカーは、スポーツをするときには非常に適していますが、日常に履くことを考えると良い面ばかりではないのです。

具体的に言うと、スニーカーはフカフカで柔らかいので、履いていると足が外からの衝撃を受ける前にスニーカーが衝撃を吸収してくれます。

とても快適なのは良いことですが、それが当たり前になってしまうと、足そのものが怠け者になってしまい、弱くなってしまいます。

対して革靴は靴そのものがスニーカーに比べて硬いので、外からの衝撃が伝わってきて、それに慣れることで足が鍛えられます。

人間はそもそも歩行時の衝撃をしっかりと吸収する機能を持っていますし、ちゃんと足を機能させて歩くことで体中の循環がしっかりと行えるようになっているのだそうです。

私自身、作業の時はスニーカーを履いていますし、スニーカーも好きなのでスニーカーがダメということを言いたくないのですが、楽をすれば人間の身体はそうしても怠け者になってしまうということは事実なのです。

ちょっとした移動でも歩かないでクルマを使ってしまうために、身体が運動不足になってしまうようなイメージですね。

そうなってしまうと、今は良いかもしれませんが、将来もう少し歳をとった時に足や身体の健康が怪しくなります。

筋力が落ちてしまった運動不足の足では、ちゃんと普通に歩くことができないばかりか、身体そのものの代謝が怪しくなってくるかもしれません。

決して不安をあおるマーケティングではありません。

そういうことが起こる可能性があるので、ちゃんと知っておいてほしいということです。

スニーカーばかり履いていた方が、革靴を履くと初めは硬いし重いし疲れると感じるかもしれませんが、革靴に慣れてくると全然そういう嫌な印象がなくなって、身体も軽くなり、むしろそのしっかり感が好ましく感じてくるというケースがこれまでたくさんありました。

私自身も、最近は新型コロナのこともあって外出する機会が激減していたため、革靴を履いて出かけると初めは身体が重く感じることもありましたが、やっぱり長時間履いていっると革靴って良いものですよ。

疲れないわけではありませんが、心地よい疲れを感じられます。

革靴を履いた時じゃないと使わない筋肉があるようで、これが身体を良い状態にしてくれる感じなのです。

「いや、そんなことない。スニーカーの方が絶対に履きやすいし身体を良い状態に保つには適している。」

というご意見の方もいらっしゃると思うので、何が何でも革靴ということは言いませんが、硬いところを歩いても疲れにくい足を維持して、将来のために足から健康を保っていただきたいと思います。

今日は久しぶりにちょっとたくさん歩いたので、そんなことを考えました。

もしかしたら多くの方々がコロナのことで歩く機会が減っているかもしれません。

久しぶりに歩いたら、ゼーゼーハァハァなんてことにならないように、そして10年後20年後の健康をイメージして、身体を良い状態に保っておきましょう。

お知らせ

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。











   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑トップへ