今日は移動の日

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


昨日は、長野市のIVY PRODUCTSさんにお邪魔して、お客様の足の計測をしたり、完成した靴の納品をしたり、

はたまた以前に納品したお客様のフィッティングの確認をしたり、7月に開催するイベントの打ち合わせをしたり、

さらには最近になって私たちシューリパブリックのことを知ってわざわざ来てくださってご注文してくださったお客様がいらっしゃったりと、

思っていた以上に充実していて、あっという間に閉店の時間になってしまった一日でした。

長野市から私の地元までは200キロほどで、そのまま帰ろうと思えば帰れない距離ではないのですが、

朝も早かったため眠くなって危ないだろうと思い、あらかじめ宿をとっておいて1泊してきました。

なので、今日はのんびりと帰るのみ。

ここのところ、出張が続いていたり、出張に合わせて作業の予定を詰め込んでいたり、お客様もいらっしゃったりでちょっと忙しかったので、

たまにはこんなふうにのんびり過ごすのも良いかと思います。

せっかくなので、移動は一般道で行けるところまで行くことにしました。

途中、立ち寄ったのが大好きなスーパーのツルヤ。

それもハシゴです。

ツルヤ長野南店に寄って大方のモノを買い、まだ目当てのパンが焼き上がっていなかったのでさらに上田市にあるツルヤ山口店へ。

私はこの店舗の環境が大好きです。

これだけ充実した店舗があって、すぐ後ろには山が見えて、素晴らしくないですか?

千曲市にある原信埴生店も似たような環境で、やはり素晴らしいです。

ちなみに、原信は結構遅くまで開いているので、その日のうちに帰る場合の買い物スポットとして利用させていただいています。

余談ですが、ツルヤは長野県にあるスーパーで、やや高級志向がうかがえる上品なスーパーです。

また、私が新潟に行ったときにはいつもお世話になっている原信は、長岡に本社があるスーパーで、こちらも上品なスーパーです。

両社似たようなスーパーと思いきや、素人ながらにこれまでに利用したところでは微妙に戦略が異なっているように感じています。

ツルヤは、どの店舗に行ってもほぼ同じものがそろう商品展開(店舗の大小で若干異なる部分はありますが)で、

東信地区や長野市ではドミナント戦略に基づいた手法のようです。

なので、ツルヤならA店でもB店でもC店でもどこでも良いわけで、それが顧客と太いパイプでつながっていくというわけです。

また、オリジナルの商品(とくにジャム)はとっても充実しています。

さらに軽井沢に大きな店舗があることで、ツルヤのイメージアップにつながっているようです。

対する原信は、本社のある長岡市内や新潟市ではやはりドミナント戦略でたくさんの店舗の出店がありますが、

新潟県以外にも長野県や富山県に出店していたり、

店舗ごとに取り扱っている商品が若干異なることなどもあり、

ややマニアックな戦略が感じ取れます。

ツルヤも原信も、私の感覚では他社を完全に引き離していて、決して安いわけではないのにここに行けば間違いないということを求める顧客に、絶大な信頼を与えているように思います。

スーパーの話で、大きく脱線してしまいました。

このあと、まだまだ一般道で自宅に向かいました。

上田から南東に向かい、東御、小諸、そして佐久へと進み、途中でちょっと気になる地域を発見しました。

住所でいうと、佐久市内の中込という地域です。

まず、ちょっと駅に行ってみました。

ただ単に254号で帰ろうと思ってここを通っただけなのですが、何か引っかかるものがあって立ち寄ってみました。

中込駅は、JR東日本の小海線の駅です。

小海線というと、小諸から小淵沢までを走る線で、確かJRで最も標高の高いところにある野辺山駅があったはず。

中込駅はこぎれいな感じの駅で、特にこれといって特別なものはありませんでしたが、

ここの近くにある商店街がちょっと異彩を放っていました。

クルマから見えたこの景色で、何かありそうだと思ってそのまま走っていくと、良い感じに緑が整備された商店街があって、

多分今では多くの店がシャッターで閉ざされてしまっているのかもしれませんが、

かつてこの辺りは大変に賑わいがあったのではないかと感じさせる何かがありました。

ちょっと写真を撮ることができなかったのですが、もしお時間のある方がGoogleストリートビューで「サンテラス」という商店街を見てみてください。

上の写真のちょっと奥の左側にあります。

さらに、この先には千曲川が流れていて、とっても雰囲気が良いところでした。

これは、改めて1日かけてじっくりとリサーチしてみても楽しそうです。

今日のリサーチは諦めて、家路につきました。

まだまだ一般道で進み、国道254号を東に進みます。

長野県から埼玉県に向かうにはいくつかルートがありまして、上信越道で行ってしまうのが一般的ですが、

私のように一般道で行く場合には、軽井沢を通る国道18号の新道、もしくは旧道、そして私が通った佐久から下仁田へ抜ける254号があり、

軽井沢の碓氷峠は勾配がきついため、254号のほうが楽なのです。

下仁田といえば、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんがネギが有名で、そしてもうひとつコンニャクも名産のひとつです。

この254号を走っていると、道路沿いにコンニャクを食べることができる食堂がたくさんあって、

目についたのは、200円でコンニャク食べ放題というお店。

そんなにたくさんコンニャクを食べるのは大変ですが、ここを通るときにはちょっとお腹をすかしてコンニャクの食べ放題に挑戦してみても楽しそうです。

とりあえず、こんな感じで一般道を走ってきまして、だんだん平地になって飽きてきたので高速を使って帰りました。

ここで思ったのは、やはり高速道路は便利ですし疲れないということ。

それに、サービスエリアの充実も素晴らしいです。

また来月に長野へ行く予定ですので、その時には高速で行きます。

 

 

お知らせ

【 お知らせ 1 】

6月8日(土)に、Rifare恵比寿店さんにてイベントを開催いたします。

Rifare恵比寿店さんでは、久しぶりのイベント開催です。

お近くの方、ぜひお気軽にお越しください。

【 お知らせ 2 】

7月19日(金)と20日(土)に、長野市のIVY PRODUCTSさんにて恒例のイベント開催です。

その中で、19日(金)の夕方からゆるーい感じで軽く催しをやろうかということになりました。

詳細は、後日お知らせします。

【 お知らせ 3 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 

   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ