修理の際にカスタムもできます

カテゴリー: Message:伝えたいこと,@ Work:アットワーク


こちらは、お客様からオールソール+ウェルト交換の修理でお預かりしたチャッカブーツで、ひととおり外してウェルトを縫い付けた状態です。

修理

今回の修理では、元の状態にするというメニューなので、何か変更を入れることはありませんが、オールソール交換の際にはカスタムすることも可能です。

例えば、シングルソールの状態だったものをセミダブルソール仕様にすること、もしくはその逆。

これは、単にミッドソールを挟むか挟まないかだけのことなので、ソールを外して何かをするときには簡単に変更する事が出来ます。

逆に、簡単そうに見えて実は変更できないという仕様もあります。

それは、平ウェルトとLストームウェルトの仕様を変える事や、シングルヒール仕様(ウェルトがカカト周りに縫われていない仕様)をダブルヒール仕様にするなどです。

平ウェルト仕様とLストームウェルト仕様ではインソールの裏側に加工したリブの形状が異なり、平ウェルト用のリブにLストームのウェルトを縫い付けることはできず、その逆もできませんし、シングルヒール仕様とダブルヒール仕様も全く異なる構造になっているので、変更する事が出来ません。

靴の構造を知っていればできるかできないかの判断は簡単なのですが、一般の方にそこまで求めるのはちょっと違うと思いますので、わからないときには私たちのような専門家にお尋ねください。

お知らせ

★幸運のラストワンプランは、只今こげ茶のスウェードを使ったご注文を受け付け中です。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。




   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ