オールソール交換のタイミング

カテゴリー: Message:伝えたいこと


どういうわけか修理のご依頼は集中するもので、今3足のオールソール交換修理の靴をお預かりしています。

オールソール交換のタイミングは、いつもお客様にお伝えしている通り、ダイナイトの場合は一番すり減った凸のガラが完全に消えた時になります。

もう少し早くても良いのですが、ダイナイトって思いのほか耐摩耗が強いので、できればギリギリまで履いていただいた方が良いと思っています。

今回お預かりした靴は、皆さんちょうどよいタイミングでお持ちいただきました。

その中の1足のソールがこんな感じです。

オールソール交換

既に靴から外していますが、センターの凸が完全に消えています。

この時の断面の様子がこちら。

オールソール交換

ちょっと見にくいかもしれませんが、なかなか薄くなっています。

この厚さを測って見ると・・・、

オールソール交換

だいたい1.7㎜ほどでした。

1.7㎜ってどう判断したら良いのか難しいかもしれませんが、もうちょっとすり減ったらマズいかなっていうところで、実際に靴についている状態で触ってみるとペコペコしているのがわかります。

これくらいのタイミングでオールソール交換に持ってきていただけると良いですね。

お知らせ

★幸運のラストワンプランは、只今こげ茶のスウェードを使ったご注文を受け付け中です。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ