生地色ウェルトも良いかも?

カテゴリー: Message:伝えたいこと


余談ですが、私は最近多くのタイミングでちょっとした照明が必要になっています。

先日は、クルマのオイル交換をする際にクルマの下にもぐって作業をしていたのですが、どうしても夕方になって暗くなってくると見にくいので、適当な照明を探したものの、なかなか適当なものがなくて苦労しました。

懐中電灯なら何個かありますが、両手を使って作業をする際に懐中電灯というのはちょっと都合がよくありません。

ランタンもありますが、ランタンは天井にぶら下げて使うには良いのですが、これまたクルマの下にもぐって作業する時にはちょっと使いづらいのです。

その時は、たしか懐中電灯の光を当てて、だいたいの場所を確認したのちに手探りで作業をしたと思います。

ほかにも、靴の写真などを撮るときには照明が必要で、モノをキレイに撮りたいときには明かりは間違いなくあった方が良いと思っていますし、最近はYouYube動画を撮ることもあり、やはり暗い顔よりはある程度の照明が当たっている顔の方が見栄えが良いはずです。

そんなわけで、災害時のことも考えて部屋の照明としても使えそうなヤツをひとつ買ってみました。

クレイモア ウルトラ

クレイモア ウルトラというLED照明です。



これがなかなか明るくて、クルマの下で作業する時にも、停電になって真っ暗な時にも、倉庫の端っこの暗いところで探し物をするときにも、そしてYouTubeや靴の撮影の時にも十分に活躍しそうです。

私の場合、この照明は災害時に使うということはあまりないかと思いますが、普段からいろいろなケースで使える照明として使い倒したいと思います。


さて、今日は先日完成したサンプルのモンキーブーツをご覧ください。

モンキーブーツ

このモンキーブーツ、ここ数日は工房の棚に展示してあるのですが、お客様からこの色合いがとってもステキだとお褒めの声をたくさんいただきました。

そうなんです、実は私もこの色合いを見ていただきたいと思いましてこの靴を作りました。

というのも、昨今の重苦しい空気感というか、閉塞感というか、新型コロナの感染が拡大してからなんとなく心置きなく何かをすることができなかった日々が続いていましたが、

やっとここにきて少しずつ世の中が上向きになりつつあるので、であれば靴も少し軽快な感じのものが良いかなと思いまして、雰囲気的にやや開放感のある生地色のウェルトを使った仕様をお勧めしたいと思いましてこのようなサンプルを作ってみました。

黒いアッパーでもこげ茶でも、こんな青でももっと濃いネイビーでも、どんな色でも生地色のウェルトを合わせてみると心晴れやかな靴に仕上がります。

今後、もっと晴れやかな世の中になることを願って、こんな生地色のウェルトを使った靴なんていかがでしょうか?

お仕事でも以前のように必ずスーツというケースが減ってきているようですので、スーツじゃない日には例えば黒いチャッカブーツに生地色のウェルトを使った靴を履いていると、崩しすぎない上品な雰囲気を感じられるように思います。

ちょっといいなぁって思った方、ぜひご検討ください。

そして、今受付をしている企画商品の残数ですが、今日現在で以下のようになっております。

〇 旅ブーツ・サイドゴア 残り2足

〇 頑張った自分にご褒美のフルブローグ 残り2足

どちらの商品も、予定数に達した時点で受付が終了となります。

ご希望の方は、お早めにご連絡ください。


お知らせ

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

私たちは、埼玉県の基準に則った感染対策をして、お客様のお越しをお待ちしております。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。



 

 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ